このページの先頭です

29年度ICTを活用した地域医療連携ネットワークモデル事業補助金

 横浜市では、平成27年度から「ICTを活用した地域医療連携ネットワークの構築」を推進する事業を支援しています。このたび、平成29年度ICTを活用した地域医療連携ネットワーク推進モデル事業補助金の交付対象事業が決定しましたので、お知らせします。

最終更新日 2019年3月19日

1 交付対象事業について(申請受付順)

 交付対象事業 5件 (申請事業 6件)

(1)  地方独立行政法人 神奈川県立病院機構 神奈川県立こども医療センター
     「ICTを活用した極低出生体重児等の包括的な育児支援モデル事業」

(2)  渋谷在宅クリニック
     「IoT/AIを活用した在宅医療介護支援環境構築事業」

(3)  済生会 横浜市南部病院
     「(仮称)港南地域包括ケアネットワークシステム(港南ひまわりネットワークシステム)」

(4)  横浜市立市民病院
     「C@RNA時系列Viewerを活用したオンラインでの地域医療機関相互の診療プロセスの見える化・共有化事業」
      ※条件付き交付

(5)  済生会 横浜市東部病院
     「横浜市鶴見地区におけるICTを活用した多職種連携システム構築事業」

2 補助金の概要

(1)  趣旨
     ICT(情報処理及び情報通信に関連する技術)を用いて、医療機関が保有する診療・患者情報を連携・共有することで、
    患者への医療サービス 向上や医療資源の効果的な活用を図る事業に対し、補助を行うものです。

(2)  補助対象となる経費
     1事業あたりの補助対象経費は上限を10,000,000円とし、補助金額は、補助対象経費の2分の1とします。

(3)  交付決定日
     平成29年10月31日

(4)  申請受付期間
     平成29年9月11日から平成29年9月29日まで

3 選考方法

 各事業の妥当性、確実性及び効果について、提出された申請書類及び選考ヒアリングに基づく審査により、選考を行いました。

このページへのお問合せ

医療局医療政策部医療政策課

電話:045-671-2466

電話:045-671-2466

ファクス:045-664-3851

メールアドレス:ir-seisaku@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:850-610-903

先頭に戻る