このページの先頭です

医薬品成分を含有する製品(無承認無許可医薬品)について

最終更新日 2019年3月14日

横浜市では、いわゆる健康食品と称して販売されている製品(強壮又は痩身効果を目的とする製品)による健康被害の未然防止のため、買い上げ検査及び広告の監視指導を行なっています。
このたび、通信販売による買い上げ検査を行い、横浜市衛生研究所で分析した結果、3製品から勃起不全の治療に用いられる医薬品成分「シルデナフィル」(【3、4】を参照)が検出されました。
このことは、医薬品医療機器等法第55条第2項(無承認無許可医薬品の販売、授与等の禁止)の規定に違反することから販売者を所管する東京都へ医薬品医療機器等法違反として指導、措置を依頼しました。
なお、現在のところ健康被害の報告はありません。
※医薬品医療機器等法:正式名称「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律」

1 製品の概要及び検出された医薬品成分

製品の概要及び検出された医薬品成分
 
商品名生精片(せいせいへん)鹿茸腎宝(ろくじょうじんぽう)徳国魔棒(とくこくまぼう)
内容量6錠10カプセル7カプセル
検出された医薬品成分シルデナフィルシルデナフィルシルデナフィル
検出された量1錠中 123mg1カプセル中 94mg1カプセル中 30mg

製品写真(別紙pdf)(PDF:200KB)

2 市民の皆様へ

  • この製品の服用により、健康被害が発生する恐れがあります。製品が原因と疑われる症状があらわれた場合には、直ちに服用を中止して、医療機関を受診してください。
  • インターネット等で販売されているいわゆる「健康食品」の中には、健康を害する成分が含まれていることもあります。これらを服用することにより、健康被害が生じているケースはこれまでにも多数ありますので、購入時にはご注意ください。
  • 上記製品の服用が原因と疑われる健康被害については、健康福祉局医療安全課又は各区福祉保健センター生活衛生課までご相談ください。

3 シルデナフィルについて

国内ではシルデナフィルのクエン酸塩が医薬品(商品名:バイアグラ錠等)として承認されております。
なお、承認されているシルデナフィルクエン酸塩の適応と主な副作用は、次のとおりです。
適応:勃起不全 等
副作用:血管拡張、頭痛、動悸 等
添付文書上の警告:
高血圧及び狭心症の薬である硝酸剤あるいは一酸化窒素(NO)供与剤(ニトログリセリン、亜硝酸アミル、硝酸イソソルビド等)との併用により降圧作用が増強し、過度に血圧を下げることがあるのでご注意ください。

4 参考資料

厚生労働省ホームページ
○無承認無許可医薬品情報 http://www.mhlw.go.jp/kinkyu/diet/musyounin.html(外部サイト)

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページへのお問合せ

健康福祉局健康安全部医療安全課

電話:045-671-3654

電話:045-671-3654

ファクス:045-663-7327

メールアドレス:kf-iryoanzen@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:956-007-566

先頭に戻る