このページの先頭です

先天性風しん症候群について

■この記事は教科書的、文献的な内容についてまとめ、多くの方が参考にしていただけるよう掲載しています。必ずしも最新の知見を提供するものではなく、横浜市としての見解を示すものではありません。■なお、本件に関して専門に研究している職員は配置されていないため、ご質問には対応しかねます。また、個別の診断や治療については医療機関へご相談ください。

最終更新日 2019年7月16日

どんな病気?

妊婦が妊娠前半期に風しんウイルスに感染すると、胎芽、胎児も感染し、そのことにより出生児に起きる障害を先天性風しん症候群といいます。白内障または緑内障、心疾患、感音性難聴(3主症状)、精神運動性発達遅滞などが見られます。先天性風しん症候群の発生頻度は、妊婦が風しんに感染した時期により異なり、妊娠4週までは50%以上、5~8週は35%、9~12週は15%、13~16週は8%とされています。妊娠8週までの罹患では、白内障、心疾患、難聴の2つ以上の疾病が出現し、それ以降20週までの罹患では難聴のみのものが多く、妊娠後半の罹患では、胎児に感染は起こっても、先天異常は出現しません。

日本において、先天性風しん症候群は、1999年4月から届出疾患(感染症法の全数把握疾患)となっており、1999年には報告がなく、2000~2011年は下の表の通りです(参考文献2)。風疹の患者発生が増えた2012年については、年間で5人の先天性風しん症候群患者発生報告がありました。兵庫県から二人、埼玉県・大阪府・香川県から一人ずつです(先天性風しん症候群の届出基準はこちらのページから)。

表.先天性風しん症候群の事例(2000~2011年)
診断年都道府県母の感染地域母のワクチン接種歴母の妊娠中の
風疹罹患歴
2000年 (平成12年)大阪国内なしなし
2001年 (平成13年)宮崎国内不明不明
2002年 (平成14年)岡山国内不明あり
2003年 (平成15年)広島国内なしあり
2004年 (平成16年)岡山国内不明あり
東京国内不明あり
岡山国内あり(母子手帳に記載)なし
東京国内なしあり
東京国内なしあり
鹿児島国内あり(本人の記憶)なし
神奈川国内あり(本人の記憶)なし
熊本国内なしあり
長野国内不明あり
大分国内なし不明
2005年 (平成17年)大阪インド不明あり
愛知国内不明あり
2009年 (平成21年)長野フィリピンなしあり
愛知愛知あり(詳細不明)あり
2011年 (平成23年)群馬ベトナムなしあり

全世界では、毎年、10万人以上の先天性風しん症候群の児が生まれていると推計されています(参考文献3)。

先天性風しん症候群の赤ちゃんは、生後、長期(一年以上)に亘って、咽頭部や尿中への風しんウイルスの排出が続くことがあります(参考文献4)。感染源として注意が必要です。

予防のためには・・・

先天性風しん症候群に対する特異的な治療法はありませんので、個人防衛としては女性が妊娠前にワクチンによって風しんに対する免疫を獲得すること、社会防衛としては男女ともに風しんワクチンの接種率を上げることによって風しんの流行そのものを抑制し、妊婦が風しんウイルスに暴露されないようにすることが重要です。当・横浜市衛生研究所ホームページ「風疹について」もご参照ください。

※ 横浜市の定期予防接種については、横浜市保健所ホームページ「予防接種について」をご参照ください。

参考文献

  1. 厚生労働省 「麻しん・風しん」(外部サイト)
  2. 風疹・先天性風疹症候群 2011年8月現在(外部サイト)」;IASR: 2011年9月号, Vol. 32, No.9(No.379) , p. 250-252.
  3. Susan E. Robertson, David A. Featherstone, Marta Gacic-Dobo, and Bradley S. Hersh; Rubella and congenital rubella syndrome: global update; Rev Panam Salud Publica/Pan Am J Public Health 14(5), 2003, p. 306-315.
  4. Centers for Disease Control and Prevention. Manual for the surveillance of vaccine-preventable diseases.(外部サイト)5th Edition. Centers for Disease Control and Prevention, Atlanta, GA, 2012.

2005年7月7日初掲載
2013年1月23日増補改訂

このページへのお問合せ

健康福祉局衛生研究所感染症・疫学情報課

電話:045-370-9237

電話:045-370-9237

ファクス:045-370-8462

メールアドレス:kf-eiken@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:405-127-275

先頭に戻る