このページの先頭です

ギニアのこどもの定期予防接種について

■この記事は教科書的、文献的な内容についてまとめ、多くの方が参考にしていただけるよう掲載しています。必ずしも最新の情報を提供するものではありません。■なお、本件に関して専門に研究している職員は配置されていないため、個別相談には対応しかねます。 ■渡航等に際して、当該国の最新情報や、接種対象、接種方法等の詳細が必要な場合は、外務省ホームページや大使館などで事前にご確認ください。

最終更新日 2019年8月20日

こどもの定期予防接種のギニアと日本との違いについて

本稿では、ギニア共和国(Republic of Guinea)のこどもの定期予防接種について触れます。まず、ギニアのこどもの定期予防接種と日本のこどもの定期予防接種との違いを見てみましょう。

両国で定期予防接種として実施している予防接種もありますが、一方の国でしか定期予防接種として実施していない予防接種もあります。表にまとめると、下の表1のとおりです。

表1. こどもの定期予防接種のギニアと日本との違い
実施状況ギニアで実施ギニアで未実施
日本で実施B型肝炎、
ヘモフィルスインフルエンザb型菌(Hib)感染症
結核(BCG)、
ジフテリア・破傷風百日咳
ポリオ
麻疹
日本脳炎
風疹
肺炎球菌感染症
水痘
ヒトパピローマウイルス16型・18型による子宮頸部癌、外陰癌、膣癌、肛門癌および6型・11型による尖圭コンジローマ(*)
日本で未実施黄熱流行性耳下腺炎(ムンプス)
髄膜炎菌感染症
A型肝炎
インフルエンザ
腸チフス
コレラ
ロタウイルスによる感染性胃腸炎

*: HPVワクチンについて、日本では女子のみ対象。

こどもの定期予防接種として、ギニアで実施されず日本で実施されているものとしては、日本脳炎風疹水痘肺炎球菌感染症ヒトパピローマウイルス16型・18型による子宮頸部癌、外陰癌、膣癌、肛門癌および6型・11型による尖圭コンジローマがあります。反対に、こどもの定期予防接種として、日本で実施されずギニアで実施されているものとしては、黄熱があります。

日本国外務省では、日本からのギニアへの赴任者に対して、黄熱(必須)、A型肝炎、B型肝炎、破傷風狂犬病髄膜炎菌(4価)、腸チフス、コレラ、ポリオ、麻疹、風疹、流行性耳下腺炎、ジフテリアの免疫の保持を勧めています(参考文献1)。

多数のワクチンを混合したワクチン製剤がギニアでは見られます。たとえば、ジフテリア・破傷風・百日咳のワクチン(DTwP)、B型肝炎のワクチン(HepB)、ヘモフィルスインフルエンザb型菌(Hib)のワクチン(Hib)を混合したワクチン(DTwP-HepB-Hib)があります。このような三つのワクチンが混合されたワクチンがあれば、個々のワクチンではそれぞれ1回ずつだと3回の接種が必要なところ、三つのワクチンが混合されたワクチンでは1回の接種で済むことになります。接種回数が少なくなれば、こどもが注射で痛い思いをする回数も少なくなります。また、接種スケジュールの設定も容易になります。

日本でも混合ワクチンが使われてきました。ジフテリア・破傷風・百日咳の三種混合ワクチン(DTaP)、麻疹・風疹のMRワクチンなどです。ポリオの不活化ワクチン(IPV)についても、ジフテリア・破傷風・百日咳・ポリオの、四種混合ワクチン(DTaP-IPV)が2012年11月から日本でも新たに使われるようになりました。

ギニアのこどもの定期予防接種スケジュールについて

ギニアのこどもの定期予防接種の標準的なスケジュール(2017年)は、下の表2のとおりです。2015年11月にポリオ不活化ワクチンが、定期予防接種に導入されました。2014-2016年には、ギニアにおけるエボラ出血熱(エボラウイルス病)の流行があり、新しいワクチンの導入計画に遅れが生じました。一方、世界初のエボラウイルス病ワクチンの接種が試行され、11000人以上が接種を受けましたが、高い予防効果が認められました。
なお、ワクチンではありませんが、ビタミンAが、乳幼児のビタミンA欠乏症対策としてワクチンに準じて乳幼児に投与されることがあります。また、回虫・十二指腸虫・鞭虫などによる蠕虫症対策として駆虫剤(de-worming drug: Mebendazole[メベンダゾール])も投与されることがあります。

表2.ギニアのこどもの定期予防接種の標準的なスケジュール(2017年)
接種時期予防する感染症接種するワクチン(英字略語表記等)
出生時結核BCG(1回接種)
ポリオ経口生ワクチンOPV(1回目)
生後6週ジフテリア・破傷風百日咳DTwP(1回目)*
B型肝炎HepB(1回目)*
ヘモフィルスインフルエンザb型菌(Hib)Hib(1回目)*
(13価肺炎球菌結合型ワクチン)PCV13(1回目)**
ポリオ経口生ワクチンOPV(2回目)
(1価ロタウイルスワクチン)RV1(1回目)***
生後10週ジフテリア・破傷風百日咳DTwP(2回目)*
B型肝炎HepB(2回目)*
ヘモフィルスインフルエンザb型菌(Hib)Hib(2回目)*
(13価肺炎球菌結合型ワクチン)PCV13(2回目)**
ポリオ経口生ワクチンOPV(3回目)
(1価ロタウイルスワクチン)RV1(2回目)***
生後14週ジフテリア・破傷風百日咳DTwP(3回目)*
B型肝炎HepB(3回目)*
ヘモフィルスインフルエンザb型菌(Hib)Hib(3回目)*
(13価肺炎球菌結合型ワクチン)PCV13(3回目)**
ポリオ経口生ワクチンOPV(4回目)
ポリオ不活化ワクチンIPV(1回接種)
生後6ヶ月****ビタミンAVitamin A(1回目:後は6ヶ月間隔で生後59ヶ月まで経口投与繰り返し。また、母親にも出産後8ヶ月以内に1回投与)
生後9ヶ月(36週)麻疹Measles(1回接種)
黄熱YFV(1回接種)
生後12ヶ月駆虫剤(de-worming drug)Mebendazole[メベンダゾール](1回目:後は6ヶ月間隔で生後59ヶ月まで経口投与繰り返し。)
(A群髄膜炎菌結合型ワクチン)MenA(1回接種:Men AfriVac)***
(9-13歳の女子)(ヒトパピローマウイルス16型・18型による子宮頸部癌、外陰癌、膣癌、肛門癌および6型・11型による尖圭コンジローマ)HPV(1回目:女子のみ。2019年から一部地域で接種開始予定)
HPV(2回目:1回目の6ヶ月後)
妊婦、
15-45歳の女性
破傷風トキソイドTT(5回接種。1回目の4週間後に2回目。2回目の半年後、または次の妊娠時に3回目。3回目の1年後、または次の妊娠時に4回目。4回目の1年後、または次の妊娠時に5回目)

*:ギニアでは、DTwP-HepB-Hibという5種混合ワクチンで接種されます。
**:2017年に定期予防接種に導入の予定です。
***:2018年に定期予防接種に導入の予定です。
****:生後9ヶ月に変更の計画あり。理由としては、生後6ヶ月にビタミンAの投与のためだけに投与会場にきてもらうよりは、生後9ヶ月で黄熱ワクチンと麻疹ワクチンとの同時投与の方が多くの対象者への投与が期待できるためです。

複数のワクチン製剤を同じ日に接種する場合には、複数のワクチン製剤を同じ注射器に吸い上げて混合して用いるようなことをしては、いけません。それぞれのワクチン製剤を別々の注射器に吸い上げて、できるだけ離れた部位に接種します。たとえば、一方のワクチンを右腕に接種したら、もう一方のワクチンを左腕に接種するというように接種します。限られた部位に接種しなければならない場合でも、接種部位は2.5cm以上離します。複数のワクチン製剤を同じ日に接種する場合には、接種部位が区別できるように、それぞれの接種部位について、接種の記録に、より詳細な記述が必要です。

ギニアにおけるワクチン等のフランス語表記について

ギニアは、アフリカの西部に位置し、北東をギニアビサウ、北をセネガル、北東をマリ、南東をコートジボアール、南をリベリアシエラレオネ、西を大西洋に囲まれた国です。このギニアにおける公用語は、フランス語です。ギニア政府のウェブページは、フランス語表示です。ギニアにおけるワクチン等のフランス語表記については、下の表3、表4、表5のとおりです。当・横浜市衛生研究所ホームページ内の「フランスのこどもの定期予防接種について」もご参照ください。

表3 ギニアのこどもの定期予防接種のワクチン等[その1](フランス語・日本語対照表記)

表4 ギニアのこどもの定期予防接種のワクチン等[その2](フランス語・日本語対照表記)

表5 ギニアのこどもの定期予防接種のワクチン等[その3](フランス語・日本語対照表記)


関連事項

各国の予防接種

予防接種法とインフルエンザ予防接種(日本)

参考文献

  1. 外務省;渡航関連情報(外部サイト)世界の医療事情(外部サイト):「ギニア」(外部サイト)
    海外安全ホームページ(外部サイト)アフリカ(北側)地域渡航情報(外部サイト)」:(日本語).
  2. 欧州CDC(外部サイト)Vaccine schedule platform(外部サイト)(欧州各国の定期予防接種スケジュール) :(英語).
  3. WHO vaccine-preventable diseases: monitoring system. global summary.
    全世界の国々の予防接種(外部サイト)(WHO):(英語)。
  4. 世界保健機関(WHO)ギニア国事務所(外部サイト)
    記者発表資料(外部サイト)
    ギニア:エボラ出血熱終息宣言(外部サイト)(2016年6月1日)
    ギニア:ポリオ不活化ワクチン導入(外部サイト)(2015年11月14日):(フランス語).
    ギニアと世界のためのエボラウイルス病ワクチン(外部サイト)(2017年5月):(英語).
  5. ユニセフ「ギニア」(外部サイト): (英語).
  6. 日本ユニセフ協会(外部サイト)(ユニセフ日本委員会) ; 世界のこどもたち(外部サイト)「ギニア」(外部サイト): (日本語).
  7. GAVI Alliance(外部サイト)(ワクチンと予防接種のための世界同盟[The Global Alliance for Vaccines and Immunization])
    ギニア(外部サイト)
    HPVワクチン援助(外部サイト)
    約206,000人以上の少女が GAVI Alliance のHPVワクチン援助によって利益を得る(外部サイト)(2014年2月4日付、プレス リリース): (英語).
  8. 予防接種活動提携(外部サイト)(Immunization Action Coalition: IAC)
    言語別米国ワクチン情報(外部サイト): (英語).
  9. ギニアニュース(外部サイト):(フランス語).
  10. ギニアの首都のコナクリのフランス大使館の社会医療センター(外部サイト)(CMS: Le Centre Medico-Social):(フランス語).
  11. ギニア共和国大統領府(外部サイト)
    ギニア共和国政府(外部サイト)保健省:国際会議「ギニア及び世界のためのエボラウイルス病ワクチン」を首都コナクリで開催(外部サイト)(2017年5月4日[木]):(フランス語).

2014年9月10日初掲載
2017年7月13日増補改訂

このページへのお問合せ

健康福祉局衛生研究所感染症・疫学情報課

電話:045-370-9237

電話:045-370-9237

ファクス:045-370-8462

メールアドレス:kf-eiken@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:222-271-198

先頭に戻る