このページの先頭です

コイヘルペスウイルス(KHV)あるいはCNGVについて

■この記事は教科書的、文献的な内容についてまとめ、多くの方が参考にしていただけるよう掲載しています。必ずしも最新の知見を提供するものではなく、横浜市としての見解を示すものではありません。■なお、本件に関して専門に研究している職員は配置されていないため、ご質問には対応しかねます。また、個別の診断や治療については医療機関へご相談ください。

最終更新日 2019年7月11日

流行は?

コイヘルペスウイルス病は、コイ(マゴイ、及び、ニシキゴイ)だけがかかる病気です。病原体のコイヘルペスウイルスに感染したコイから水を介する接触により他のコイへと感染が拡がります。
イスラエル、英国、ドイツ、オランダ、ベルギー、米国、インドネシア、台湾、日本などでコイヘルペスウイルス病の発生が見られています。コイヘルペスウイルスの増殖が盛んとなる摂氏18-25度に水温が留まる春や秋に流行が主として見られます。
日本では、2003年の秋に最初の大きな流行が見られました。全国都道府県47のうち、22でコイヘルペスウイルス病の発生が見られました。

どんな病気?

潜伏期は2-3週間です。コイは、緩慢な動きとなり、餌を食べなくなります。鰓(えら)のびらん(ただれ)や退色が見られます。致死率は高く、特に集団飼育されているコイに感染が起こった場合には高くなります。

病原体は?

病原体はコイヘルペスウイルス(KHV:Koi herpesvirus )です。コイヘルペスウイルスは、人間には感染しません。
1998年にコイだけがかかる致死率の高い感染症の流行が、イスラエルで見られました。感染したコイの精査により、ヘルペスウイルスのような形態のウイルスが電子顕微鏡で見つかりました。そこで、病原体としてコイヘルペスウイルス(Koi Herpes Virus : KHV )と名付けられました。病名は、コイヘルペスウイルス病(Koi Herpes Virus disease : KHV disease )とされました。
検査法としては、PCR法があります。PCR法では、コイヘルペスウイルスの遺伝子を検出します。
なお、Ariel Ronenらイスラエルの研究者グループは、病原体ウイルスについて、形態はヘルペスウイルスと似ているが遺伝子的にはヘルペスウイルスの仲間ではないとして、コイヘルペスウイルスではなくCNGV(carp nephritis and gill necrosis virus :コイ腎炎・鰓壊死ウイルス)と呼んでいます(参考文献1)。

予防のためには・・・

野生のコイを捕まえた水域から他の水域へ持ち出すことは控えましょう。
コイヘルペスウイルス病は、持続的養殖生産確保法(平成11年法律第51号)における、特定疾病に指定されています。コイヘルペスウイルス病が発生した場合には、持続的養殖生産確保法に基づく、移動制限・焼却等の蔓延防止措置の対象となります。

参考ウェブ・ページ

  1. 農林水産省:コイヘルペスウイルス病に関する情報のページ(外部サイト)があります。
  2. 神奈川県:神奈川県環境農政部水産課のページ(外部サイト)の中にコイヘルペスウイルス病についてのページ(外部サイト)があります。コイ(マゴイ及びニシキゴイ)の持ち出し及び放流等についての神奈川県内水面漁場管理委員会の指示などが掲載されています。
  3. 神奈川県:神奈川県水産総合研究所内水面試験場のページ(外部サイト)
  4. 東京都:東京都産業労働局農林水産部水産課のページ(外部サイト)。コイヘルペスウイルス病に関する情報がみられます。
  5. 千葉県:千葉県農林水産部水産局漁業資源課のページ(外部サイト)。コイヘルペスウイルス病に関する情報がみられます。
  6. 埼玉県:埼玉県農林部生産振興課のページ(外部サイト)。埼玉県内水面漁場管理委員会指示(告示)などが掲載されています。

参考文献

  1. A Ronen, et al. ; Efficient vaccine against the virus causing a lethal disease in cultured Cyprinus carpio. ; Vaccine, 2003, Vol 21, Iss 32, 4677-4684.

2004年6月14日掲載

このページへのお問合せ

健康福祉局衛生研究所感染症・疫学情報課

電話:045-370-9237

電話:045-370-9237

ファクス:045-370-8462

メールアドレス:kf-eiken@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:280-143-436

先頭に戻る