このページの先頭です

インフルエンザ(H5N1)の政令指定が1年延長されました!

最終更新日 2019年7月12日

平成18年6月に、インフルエンザ(H5N1)については、ヒトからヒトへ感染することを前提として、感染症法の「指定感染症」として政令指定し、四類感染症の規定に加え、二類感染症に準じた必要な規定を準用することになりました。
その後、1年間が経過しましたが、引き続き、ヒトへの感染について対応を行う必要があるため、インフルエンザ(H5N1)について、指定感染症として指定の期間を1年間延長することにより、その発生及びまん延の防止を図ることとされました。

参考資料

  1. インフルエンザ(H5N1)を指定感染症として定める等の政令の一部を改正する政令及びインフルエンザ(H5N1)を指定感染症として定める等の政令の施行に伴う感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律施行規則の準用に関する省令の一部を改正する省令の施行について(施行通知)(外部サイト)
  2. インフルエンザ(H5N1)の届出基準及び届出様式
  3. 感染症の分類と対応(表)(PDF:93KB) 2019年4月1日現在
  4. インフルエンザ(H5N1)が指定感染症になりました!

2007年7月26日初掲載

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページへのお問合せ

健康福祉局衛生研究所感染症・疫学情報課

電話:045-370-9237

電話:045-370-9237

ファクス:045-370-8462

メールアドレス:kf-eiken@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:568-286-021

先頭に戻る