このページの先頭です

おいしい水ってな~に?

最終更新日 2019年3月4日

わたしたちが「おいしい水」と感じるのは、次の表のような水です。

おいしい水の要件

おいしい水の要件
水質項目測定値摘要
水温20℃以下冷やすことにより、おいしく感じる
冷やしすぎると旨味がわからなくなる
残留塩素0.4mg/l以下殺菌するために水道水等に含まれ、カルキ臭を持つ
濃度が高いと水がまずく感じる
硬度10~100mg/lミネラルの中でカルシウム、マグネシウムの含有量を示す
硬度が低い水はくせがなく、高い水は硬く重い感じがする
カルシウムよりマグネシウムが多い水は苦い
蒸発残留物30~200mg/l水を蒸発させた残り
やかんや電気ポットの内壁に残る白い物質
主にミネラル分を示す
量が多いと渋み・苦みが増し、適度に含まれるとこくのあるまろやかな味がする
過マンガン酸カリウム消費量3mg/l以下有機物量を表し、多いと水が渋くなる
遊離炭酸3~30mg/l水に溶けている炭酸ガス
水に爽やかな味を与えるが、多いと刺激が強くなる
臭気度3以下いろいろな臭いが水につくと、不快感から水がまずくなる

(資料:厚生省おいしい水研究会)

数字の羅列では実感が湧きませんね。
では、みなさんが飲んでいる、横浜市の水はどうでしょうか。
季節によって測定数値は変化しますが、目安としてお見せしましょう。
横浜市水道局が平成8年に複数の測定定点で測定した結果です。

横浜市水道局が測定した横浜市の水の水質
水質項目おいしい水の要件値横浜市の水道水の値
水温20℃以下7~26℃くらい
受水槽や高置水槽を経由するビルやマンションの水は太陽の熱で温められるため、これより少し高い値になります
残留塩素0.4mg/l以下0.5~1.0mg/l
受水槽や高置水槽を経由するビルやマンションの水はこれより少し低い値になります
硬度10~100mg/l40~90mg/l
蒸発残留物30~200mg/l100~180mg/l
過マンガン酸カリウム消費量3mg/l以下0.6~3.3mg/l
遊離炭酸3~30mg/l2.5~7.4mg/l
臭気度3以下臭気に異常なし

(平成8年度 横浜市水道局水質試験年報より抽出)

「おいしい水の要件」の数値と、横浜市の水道の数値を比較してみてください。
夏季の水温と、残留塩素以外はあてはまりますね。

また、平成6年6月に実施した横浜市衛生研究所展(施設公開)時に来場された市民の方々に水の味くらべを行っていただいた結果を紹介します。

種類を伏せて次の4種類の水を飲んでいただきました。

  1. 日本製ミネラルウォーター
  2. 外国製ミネラルウォーター(硬度が高い水)
  3. 水道水
  4. 湯冷まし

水温は総て10℃に設定し、同じコップから飲んでいただきました。

水の味くらべ-一番おいしいと感じた水は...
(グラフ中のMWはミネラルウォーターの略です)



「一番おいしい」と感じた水は、日本製ミネラルウォーターを挙げた方が41%、外国製ミネラルウォーター14%、水道水9%、湯冷まし36%でした。
水道水を沸かして残留塩素臭を取り除いた湯冷ましは、水道水にくらべ4倍の方がおいしいと感じていました。
水道水は微生物による経口感染を防ぐため、塩素で消毒が施されていますが、一般的にその塩素臭が「おいしくない」と感じられる要因といわれています。
おいしい水を飲むために、浄水器を使用したり、ミネラルウォーターを買ったりするのもいいですが、手軽に一手間かけて湯冷ましを試してみてはいかがでしょうか?

-参考文献-

平成8年度 横浜市水道局水質試験年報
厚生省「おいしい水研究会」

このページへのお問合せ

健康福祉局衛生研究所理化学検査研究課

電話:045-370-9451

電話:045-370-9451

ファクス:045-370-8462

メールアドレス:kf-eiken@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:636-045-684

先頭に戻る