このページの先頭です

苦情事例集 さつまいもの浸け水の変色

最終更新日 2019年3月4日

1.概要

さつまいもを水に浸しておいたところ、水が赤紫色になりました。

2.試験結果

色:300mlの水にさつまいもを丸ごと浸したところ、赤紫色の色素が溶出し、アントシアン系色素を検出しました。

3.結論

さつまいもの皮の色素(アントシアン系色素)が溶出したものと考えられます。体に害はありません。

2007年3月8日掲載

このページへのお問合せ

健康福祉局衛生研究所理化学検査研究課

電話:045-370-9451

電話:045-370-9451

ファクス:045-370-8462

メールアドレス:kf-eiken@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:672-378-567

先頭に戻る