このページの先頭です

リハビリテーション科

最終更新日 2019年8月8日

リハビリテーション科の紹介

リハビリテーション科は、脳血管障害、脊髄損傷、頭部外傷、骨折等の骨関節疾患、神経筋疾患、脳性麻痺や発達障害などの小児疾患、四肢切断など、様々な疾患・外傷による多様な障害に対して診断を行い、それらの軽減を図りつつ、社会生活への復帰・参加を目指している診療科です。

特徴

当院では、主要疾患である脳血管障害・脊椎脊髄損傷を中心に、救急入院直後の急性期治療の段階から、ベッドサイドでのリハビリテーションを提供しています。これによって、早期の離床を図り、二次的な廃用性障害の発生を最小限にし、その後の機能回復を早めるように努めています。
また、他院にて急性期治療を受け、状態が安定した後に当院へ転入院をした方々に対しても専門的治療を行う機関として、病棟スタッフとも緊密な連携を持った、より集中的なリハビリテーションの提供ができる体制を整えています。
さらに、復職等に向けた社会的リハビリテーションについては、横浜市総合リハビリテーションセンターとの積極的な連携により、問題解決を図っています。
効果的なリハビリテーションの成果を得るためには、脳神経内科、脳神経外科、内科などの他科との緊密な連携を図ることはもちろん、科内でも、全員参加での急性期・回復期の回診や補装具外来、嚥下造影検査の実施などを通じて、診療レベルの向上を図っています。
また、上下肢の痙縮に対してのボトックス治療や神経ブロック療法も積極的に行っています。
さらに、HANDS療法に準拠した、上肢への集中治療プログラムを整備し、主として維持期の方の短期入院も始めています。

特徴的な治療法

当院では、HANDS療法、ボトックス治療、rTMS療法や補装具などを活用した先進的なリハビリテーションを行っています。

HANDS療法

HANDS療法(HANDS:Hybrid Assistive Neuromuscular Dynamic Stimulation)は「随意運動介助型電気刺激装置」という装置を用いて電気刺激を与えることで麻痺した手の運動を促進する療法で、脳卒中の症状として見られる手の麻痺などに対して行います。
詳しくはリハビリテーション部(サイト内リンク)のSPIR-IT(スピリット)をご覧ください。

随意運動介助型電気刺激装置を使用した訓練の様子
随意運動介助型電気刺激装置

ボトックス治療

ボトックス治療は、筋肉を緊張させている神経の働きを抑える作用を持つ薬(ボトックス)を筋肉に注射することで手足の痙縮を緩和する治療法で、脳卒中の症状として見られる手足のつっぱりなどに対して行います。

補装具

補装具とは、装具(上肢装具・下肢装具・体幹装具など)、歩行補助具(義手・義足・杖・歩行器など)、車いす、座位保持装置など身体機能障害を改善し、機能を代償する用具です。
当院では補装具外来を開設しており、患者さん一人ひとりに適切な補装具の作製を行っています。

外来診療担当表

外来診療担当表(サイト内リンク)

※外来の受診については外来のご案内(サイト内リンク)をご覧ください。

スタッフの紹介

前野豊医師

前野豊医師の画像

リハビリテーション科部長、副病院長

出身大学

横浜市立大学

卒業年

昭和60年

専門分野

リハビリテーション全般

義肢装具

専門資格

日本リハビリテーション医学会認定臨床医・専門医・指導責任者

高橋素彦医師

リハビリテーション科医長

出身大学

金沢大学

卒業年

平成11年

専門分野

リハビリテーション全般
義肢装具

専門資格

日本リハビリテーション医学会認定臨床医・専門医・指導医

武藤里佳医師

リハビリテーション科医長

出身大学

横浜市立大学

卒業年

平成13年

専門分野

リハビリテーション全般

専門資格

日本リハビリテーション医学会専門医・指導責任者

高田薫子医師

リハビリテーション科副医長

出身大学

広島大学

卒業年

平成18年

専門分野

リハビリテーション全般

高次脳機能障害

専門資格

日本リハビリテーション医学会専門医

宍倉裕美医師

出身大学

東北大学

卒業年

平成27年

専門分野

リハビリテーション全般

専門資格

診療実績

当部門では、『急性期から回復期までの一貫したリハビリテーションの提供』に取り組んでいます。

その最大の特徴は、リハ専門医師のもとで、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、心理士が、『一人ひとりの患者さんに【個別性を重視し】【質を追求し】【集中的な】リハビリテーションを提供する体制と専門力』にあります。
この度、当科を受療された患者さんの診療実績の一部をまとめました。多くのみなさまにご覧いただき、ご意見等いただければ幸いです。
今後も、スタッフ一同、一人でも多くの患者さんへの『良質なリハビリテーションの提供』に努めてまいります。

リハビリテーション科部長 前野豊

【掲載内容】急性期リハ実施患者・回復期リハ病棟退院患者における退院先と日常生活動作の改善度(平成29年度)
クリニカルインディケーター(サイト内リンク)

このページへのお問合せ

横浜市立脳卒中・神経脊椎センター

電話:045-753-2500(代表)

電話:045-753-2500(代表)

前のページに戻る

ページID:332-635-193

先頭に戻る