このページの先頭です

神経難病勉強会を開催しました!

最終更新日 2020年1月27日

1月22日(水)、ウィリング横浜にて地域の福祉・医療業務従事者の方々を対象に、「神経難病勉強会」を開催しました。
当院では、地域包括ケアシステム支援の一環として、医療依存度の高い神経難病にフォーカスした勉強会を、
平成28年度から毎年開催しています。

第4回目となる今回は、神経難病全般の病態についての講演と、地域包括ケア病棟の役割と活用の2本立てのプログラムで
お届けしました。

前半では、当院脳神経内科の工藤洋祐医師が、神経難病の発生機序と、疾病ごとの兆候と対応方法について、
豊富なイラスト入りのスライドで分かり易く解説しました。
質疑では、具体的な症例での疑問や、呼吸・栄養管理の移行のタイミングなど、多くの質問があがり、
工藤医師の回答に熱心に耳を傾ける参加者の姿がみられました。

工藤医師の写真
一つ一つの疾病を丁寧に解説する工藤医師

後半では、当院地域連携総合相談室相談担当の篠崎晋也係長が、地域包括ケア病棟の役割と活用方法について、
当院の地域包括ケア病棟をモデルケースに入院の流れなどの解説を行いました。
参加者からは「こういったケースは対応可能か?」などの具体的な質問があがり、
地域包括ケア病棟に対する地域からの期待の大きさがうかがえました。

会場全体の写真
総勢74名の方に参加いただきました

地域連携総合相談室 K

このページへのお問合せ

脳卒中・神経脊椎センター地域連携総合相談室

電話:045-753-2500

電話:045-753-2500

ファクス:045-753-2894

メールアドレス:by-no-chiiki@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:331-172-368

先頭に戻る