このページの先頭です

5階東病棟・5階西病棟

最終更新日 2018年12月26日

私たちは、望まれる回復期リハビリテーション病棟を共につくります

市民のみなさまに

市立病院の専門職として

質の高い最適なリハビリテーションを実践することで

イキイキとした、自分らしい地域生活につなぐために


療養の場から生活の場へ」をモットーに「残された機能を最大限にいかし、その人らしく生きること」を心優しく、温かく支援します。

回復期リハビリテーション病棟は、在宅復帰を目指す脳卒中、脊椎脊髄疾患や骨折等の発症60日以内の患者さんを対象としています。
患者さんの日常生活の全てを日常生活動作の向上とセルフケア能力を引き出すリハビリテーション看護の視点から関わり、患者さんの意思や意欲を大切にしながら、その人らしい生活を目標にご家族と共に退院後の生活を見据えて看護を実践しています。

社会復帰を目指して専任医師、多職種との協働により、重症患者(日常機能評価10点以上)の60%以上が改善しています。また、80%以上の高い在宅復帰率を維持しています。

このページへのお問合せ

横浜市立脳卒中・神経脊椎センター看護部

電話:045-753-2500(代表)

電話:045-753-2500(代表)

ファクス:045-753-2859

前のページに戻る

ページID:666-067-846

先頭に戻る