このページの先頭です

3階東病棟

最終更新日 2018年12月26日

「できない」ではなく「どうしたらできるか」を考えて看護しています。いつも前向きで、変化に強い病棟です。

脊椎脊髄外科、泌尿器科の周手術期の患者さんを主な対象としています。
脊椎脊髄外科では、頸椎症性脊髄症、脊柱管狭窄症、側弯症、脊髄腫瘍などの周手術期の患者さんを対象に、術前訓練から術後の全身管理、離床に向けた援助、生活を見据えた生活指導、神経ブロックや内服による疼痛コントロール、セラピストと連携し、機能の維持・回復を目的にリハビリテーションを行うとともに、治療後に痛みやしびれが続くこともあり、患者さんの声に耳を傾け精神面の支援を行うことも大切にした看護を実践しています。

このページへのお問合せ

横浜市立脳卒中・神経脊椎センター看護部

電話:045-753-2500(代表)

電話:045-753-2500(代表)

ファクス:045-753-2859

前のページに戻る

ページID:187-117-852

先頭に戻る