このページの先頭です

院外処方(保険薬局向け)

最終更新日 2020年5月27日

処方せんの問い合わせについて

処方せんの問い合わせを効率よく行うために、以下の窓口までご連絡くださいますようお願い申しあげます。

医師の責任によるもの(重複・相互作用・用法等の処方内容の確認、変更・追加等)
各診療科外来 電話:045-753-2500(代表) 

保険(保険番号等)に関すること
会計受付 電話:045-753-2500(代表)

調剤に関すること、処方内容が判読しづらい時、解決法が分からない時、夜間・休日等
薬剤部調剤室 電話:045-753-2500(代表)

なお、医師に問い合わせた結果、処方内容が変更になった場合、あるいは後発品へ変更した場合は、お手数ですが変更内容を処方せん又は通信欄に記入のうえ、FAXでお知らせください。
薬剤部調剤室 FAX:045-753-2937(直通)

院外処方せんにおける疑義照会簡素化プロトコール

「院外処方せんにおける疑義照会簡素化プロトコール」を設定しました。本件につきましては、「合意書」の締結が必要となります。

調剤過誤・患者さんからの苦情について

調剤過誤・患者さんからの苦情があった場合には、処方医へ連絡後、あわせて薬剤部までご連絡ください。書式は日本薬剤師会の報告書に準ずるか、または下記よりダウンロードしたものを利用し、患者さんまたは患者家族の同意確認後、郵送してください。

一般名処方について

当院では、薬局の在庫負担の軽減と処方医への疑義照会を軽減するため、一部の医薬品名を「【般】+一般名」で表記する一般名処方を平成25年8月1日より開始しました。

この場合、同一成分を同量含む医薬品であれば、患者さんと相談の上、先発品・後発品を問わず調剤できます。従来、変更時にはFAXを送信していただいていますが、この場合にはFAXは不要です。なお、お手数ですが、おくすり手帳には実際に調剤した医薬品名を併記していただきますようお願い申し上げます。

簡易懸濁法について

当院では入院中、チューブから薬を注入する方法として、簡易懸濁法を採用しています。

採用医薬品集

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページへのお問合せ

脳卒中・神経脊椎センター薬剤部

電話:045-753-2500(代表)

電話:045-753-2500(代表)

ファクス:045-753-2937(直通)

前のページに戻る

ページID:787-142-108

先頭に戻る