このページの先頭です

港湾病院の運営について

最終更新日 2018年9月20日

平成16年3月
横浜市衛生局

横浜市では、再整備後の港湾病院を公設民営化するための条例改正を平成15年9月に行いました。

その後、この条例にしたがい、新病院を運営する法人(指定管理者)の選定手続を進めてきましたが、平成16年2月25日、横浜市会において「横浜市立港湾病院の指定管理者の指定」に関する議決が行われ、日本赤十字社が指定管理者となることが決定しました。

今後は、日本赤十字社が中心となって開院準備を進めていくこととなりますが、現在港湾病院を利用されている患者さんが引き続き安心して医療を受けることができるよう、本市としても、日本赤十字社との十分な連携の確保に努めてまいります。

また、横浜赤十字病院の閉院につきましても、円滑に行われるよう、横浜市として必要な協力を行ってまいります。

新 港 湾 病 院 の 概 要

所 在 地中区新山下3-12-1(現港湾病院向かい)
病 床 数634床(一般584床、精神50床)
診 療 科23科(予定) *今後、開院までの間に、診療科の呼び方などが変わる可能性があります。
 内科、呼吸器科、消化器科、循環器科、神経内科、小児科、外科、整形外科、形成外科、脳神経外科、呼吸器外科、心臓血管外科、皮膚科、泌尿器科、産婦人科、眼科、耳鼻いんこう科、リハビリテーション科、精神科、放射線科、麻酔科、歯科口腔外科、アレルギー科
実施する主な政策的医療
 24時間365日の救急医療*、輪番制救急医療、小児救急医療、母児二次救急医療、精神科救急医療*、アレルギー疾患 医療 など

*印は、開院後2年目、3年目で順次実施を予定。

開 院平成17年4月1日(予定) *精神科は、平成19年度の診療開始を予定。

日 本 赤 十 字 社 の 概 要

所 在 地東京都港区芝大門1-1-3
代 表 者社長 藤 森 昭 一
活 動日本赤十字社法に基づいて設立され、国際救援活動や国内の災害救助活動、講習普及事業、青少年赤十字活動、全国91の赤十字病院の運営、血液事業、社会福祉施設の運営などを行う。
 

日本赤十字社法

第1条 日本赤十字社は、赤十字に関する諸条約及び赤十字国際会議において議決された諸原則の精神にのっとり、赤十字の理想とする人道的任務を達成することを目的とする。

(参 考) 横浜赤十字病院の概要

所 在 地中区根岸町2-85
病 床 数380床(一般380床)
診 療 科15科
 内科、呼吸器科、消化器科、循環器科、小児科、外科、整形外科、脳神経外科、皮膚科、泌尿器科、産婦人科、眼科、耳鼻いんこう科、放射線科、麻酔科

戻る

このページへのお問合せ

医療局病院経営本部病院経営部病院経営課

電話:045-671-4824

電話:045-671-4824

ファクス:045-664-3851

メールアドレス:by-keiei@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:928-747-899

先頭に戻る