このページの先頭です

新人研修

最終更新日 2020年2月6日

横浜市看護職員採用情報トップページ

新人研修

ナースとしてのキャリアを高める、深める 充実の教育指導体制。


看護師として一日も早く自立できるよう、日常の看護を実践しながら年間を通して様々な研修を実施し、
あなたの成長をバックアップします。


新人研修スケジュール

1年目

研修画像

横浜市立病院では、厚生労働省の「新人看護職員研修ガイドライン」に基づいた研修プログラムを作成し、目標達成に向けた研修を行っています。現場でのOJTとOFF-JTを繰り返すことで学習効果が高まります。
OFF-JTの集合研修では、少人数グループ制での体験型研修に力を入れています。現場を見据えた場面設定で、同期の仲間とともに、ゆっくり安心して基礎看護技術を学ぶことができます。
また、年間を通し、精神面の支援や看護過程の研修を含む15項目におよぶ研修を、専門看護師、認定看護師だけでなく、多職種からも講師をむかえ、最新の知識と技術を学ぶことができます。
詳しい研修スケジュールを知りたい方は、病院ごとのPDFファイルをご覧ください。

2・3年目頃から

  • 看護過程の研修
  • ケースレポートの作成、発表
  • フレッシュパートナーやプリセプターになるための準備や振り返りの研修等

5年目頃から

  • 両院合同のリーダーシップ研修
  • 認定看護師養成機関等への派遣等

学びたいと思ったときが「学ぶ時!」

看護研究、倫理研修、認定看護師が行う専門領域の研修、アサーション研修等


もう一人のサポーター

実際の看護の現場では様々な医療機器に関する知識も覚えなければなりません。それらの操作等で不明点が発生したときも、臨床工学技士がすぐ対応してくれるので安心です。

新採用看護職員教育支援体制

市民病院 PNS(パートナーシップ・ナーシング・システム)

PNSは、2人の看護職員が、パートナーとして台頭な立場で互いの特性を活かし、協力し合うことで、その成果と責任を共有する看護方式のことです。互いの違いを認め合い共に成長していくことができます。

新人看護師
入職直後は不安で緊張していましたが、すぐに先輩に確認できるので安心でした。フレッシュパートナーは患者さんの全体像がつかめなかったとき、一緒に考え、道筋を立ててくれました。クリニカルコーチは自分の性格を理解してくれて、急変時に緊張して慌てていたとき「落ち着いて」と声をかけてくれました。勤務日によってはパートナーの先輩が変わることがありますが、看護の視野が広がるので勉強になります。

フレッシュパートナー
1年目は情報収集しながらアセスメントを行うことが難しいため、疑問を投げかけ、考えてもらったうえでケアの方法などを伝えています。初めは消極的でしたが、徐々に「わからない技術を体験したい」など、自発的になっていたと思います。最近では、患者さんの目線に立った看護を提供できるまで成長したと感じています。精神面の支援は、クリニカルコーチと共有しサポートしています。

クリニカルコーチ
看護を実践するなかで報告・連絡・相談を行いやすい環境づくりを心がけています。新人が不安や悩みを話しやすくするため、月1回、振り返りの場を設けています。また、食事に誘ってプライベートな話をしてコミュニケーションを図ることで距離を縮めています。新人には、できていないことを指摘するのではなく、できていることを伝え、前向きに看護に取り組めるよう支援しています。

脳卒中・神経脊椎センター プリセプター制度

新しい環境に適応し、リアリティショックを防止できるように、プリセプター・教育担当者はもちろん、部署や看護部全体が新人を見守ります。新人が自立できる環境であるためには、安心して学べることが大切です。

新人看護師
入職時は技術的にも未熟で不安でしたが、プリセプターには疑問点もすぐに相談できたので安心でした。焦る性格のため、ケアの際は深呼吸をして落ち着いて行うなどのアドバイスは、今も実践しています。教育担当者と行う振り返りは、成長できた点などプラスの部分を伝えてくれるので、前向きな気持ちになりました。先輩たちは新人の成長を見守り、支えてくれる尊敬できる存在です。

プリセプター
常に声かけを心がけ、何気ない会話や表情から、現在の状況や悩みはないかなどを確認しています。初めから笑顔で患者さんにも真摯に対応していましたし、積極的に質問もしてくるので、順調に成長していると感じています。今後も患者さんの安全を第一に考えて、焦らず確実にケアに取り組んでほしいと思います。指導することを通じて、私たちも一緒に成長しています。

教育担当者
新人看護師とプリセプターの関係だけでなく、病棟全体で育てることを大切にし、ともに成長できる環境を整えています。定期的に面談を行い、悩んでいることなどメンタル面のサポートを行っています。看護をもっと好きになり、看護師として真摯に患者さんに向き合ってほしいと思います。その軸がぶれないよう、個々の性格を見極めて、それぞれのペースに合わせた指導を心がけています。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページへのお問合せ

医療局病院経営本部病院経営部人事課

電話:045-671-4822

電話:045-671-4822

ファクス:045-664-3851

メールアドレス:by-jinji@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:367-435-779

先頭に戻る