このページの先頭です

横浜市福祉のまちづくり条例施設整備マニュアル[建築物編]改正案に関する市民意見募集の実施結果について

最終更新日 2020年5月19日

本市では、高齢者や障害者だけでなく、横浜に関わる全ての人にやさしいまちづくりを進めるため、「横浜市福祉のまちづくり条例」及び「横浜市福祉のまちづくり条例施行規則」に基づき、バリアフリーの基準を定めています。
このたび、条例及び規則の解説を掲載している「横浜市福祉のまちづくり条例施設整備マニュアル[建築物編]」の一部改正を予定しており、改正案について市民意見公募を実施しました。
お寄せいただいたご意見とそれらに対する本市の考え方について、とりまとめましたので公表いたします。

改正の趣旨

東京2020オリンピック・パラリンピックの開催を見据え、国土交通省は「高齢者、障害者の移動等の円滑化の促進に関する法律(バリアフリー法)」に基づくバリアフリー設計のガイドラインである「高齢者、障害者等の円滑な移動等に配慮した建築設計標準」を平成28年度末に改正しました。
横浜市福祉のまちづくり条例施設整備マニュアル[建築物編]」においても、建築設計標準における基準やそれに関する表記との整合性を図ること、また、東京2020オリンピック・パラリンピックに向けた取組内容を市民や事業者に周知し、広く展開していくことを目的として、改正を行います。

市民意見公募の実施結果について

市民意見を公募した期間

平成30年10月5日(金)~平成30年11月5日(月)

寄せられたご意見の数

59件

ご意見の要旨と市の考え方

※市民意見公募結果に関する資料は健康福祉局福祉保健課、各区役所広報相談係、新市庁舎3階市政刊行物・グッズ販売コーナーにおいて閲覧・配布しております。
※なお、意見公募時の改正案から、いただいたご意見等を踏まえ文言等を一部修正した、「横浜市福祉のまちづくり条例施設整備マニュアル[建築物編]増補版」を発行しました。関連リンクからご覧ください。

結果の公示日

平成30年12月25日(火)

関連リンク

ご不明な点についてのお問い合わせは

  • 横浜市健康福祉局福祉保健課 045-671-2387
  • 横浜市建築局建築企画課 045-671-2933

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページへのお問合せ

健康福祉局地域福祉保健部福祉保健課

電話:045-671-4044

電話:045-671-4044

ファクス:045-664-3622

メールアドレス:kf-fukushihoken@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:543-777-478

先頭に戻る