このページの先頭です

その他

最終更新日 2019年3月6日

Q
障害があるので、車に車いすのマークを貼りたいのですが、どこでもらえますか。
A

車いすのマークは「国際シンボルマーク」といって、『障害のある人々が利用できる建築物や公共輸送機関であることを示す世界共通のマーク』(国際シンボルマーク使用指針(外部サイト))です。個人の車に表示することは、国際シンボルマークの本来の趣旨とは異なります。障害のある方が乗車していることを周囲にお知らせするという程度の表示になります。マークを表示しても、駐車禁止を免れるなどの法的効力はなく、また障害者専用駐車場が優先的に利用できるなどの証明にはなりませんので、御理解の上ご使用ください。

問い合わせ先
財団法人 日本障害者リハビリテーション協会(JSRPD)
〒162-0052 東京都新宿区戸山1-22-1
電話:03-5273-0601 FAX:03-5273-1523
あるいは、
車いすの会 電話045-475-2061まで

なお、国内で道路交通法で定められた車に表示するマーク等に下記標識があります。
・「身体障害者標識(四つ葉マーク)」 警察庁
・「駐車禁止除外指定車」(身体障害者手帳所持者等が対象) お住まいの地区の警察署
・「高齢者マーク(もみじマーク)」(70才以上(平成14年6月以前は75歳以上)の方対象) 最寄りの交通安全協会やカー用品店

Q
民間企業が多目的トイレを設置する等、施設をバリアフリー化した場合、何か補助される制度はありませんか 。
A

現在横浜市では、民間企業のバリアフリー化に対する補助制度は設けていません。
なお、個人宅で、高齢者、障害者が家族にいらっしゃる場合で住宅を改修する際には給付を受けられる場合があります。くわしくはこちらを参照してください。
障害のある方: 障害福祉のあんない
高齢者: 高齢者福祉の案内

このページへのお問合せ

健康福祉局地域福祉保健部福祉保健課

電話:045-671-4044

電話:045-671-4044

ファクス:045-664-3622

メールアドレス:kf-fukushihoken@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:789-648-585

先頭に戻る