このページの先頭です

地域福祉計画の策定 2-1.福祉文化の創造

最終更新日 2019年2月1日

2.地域福祉計画策定の目的

1福祉文化の創造

ホームレスなどに対する傷害・殺人事件が発生し、そして混雑する車内の席を競って奪い合うような姿を見ると、他者の存在など目に入らないといった行動様式が次第に広まっているという印象を受ける。
われわれは地域福祉計画の中に、こうした行動がより人間的な行動に変わっていく方策が埋め込まれることを期待したい。
つまり、地域を構成する様々な価値観を持つ人々が支えあい、相互に尊重し合うという、福祉的な文化を創造する努力を継続的に重ねていく行動計画であって欲しいと考える。
それは、先にも述べたように、近隣レベルの小さな支えあいから、障害者や高齢者の権利を尊重し福祉を向上させていく運動まで幅広い行動が起こされていくことを意味している。
つまり、地理的には近隣、地元、地区、各区、全市から国を越えた活動まで、また活動内容では全員一致のもとに協力し合い助け合っていく活動から、権利の拡大を求めていくなどの要求や運動を含めたものまで広範にわたるであろう。

このページへのお問合せ

健康福祉局地域福祉保健部福祉保健課

電話:045-671-4044

電話:045-671-4044

ファクス:045-664-3622

メールアドレス:kf-fukushihoken@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:598-475-042

先頭に戻る