このページの先頭です

【7万円給付金】よくあるお問い合わせ

最終更新日 2024年2月28日

対象世帯・給付基準について

Q
自分(の世帯)が「【7万円給付金】電力・ガス・食料品等価格高騰緊急支援給付金」の支給対象世帯かどうか確認したい。
A

申し訳ありませんが、ご自身が支給対象世帯かどうかの個別のお問い合わせには対応していません。
下記のページに、支給対象世帯の詳細を記載していますので、ご確認ください。
【7万円給付金】電力・ガス・食料品等価格高騰緊急支援給付金の申請手続き

Q
自分(の世帯)が令和5年度非課税かどうか確認したい。
A

例えば、単身世帯の場合だと年収100万円以下の世帯となります。
配偶者と子2人を扶養している場合だと年収255万7千円以下の世帯となります。
なお、年金収入の場合は単身世帯だと155万円以下の世帯となります。
具体的に確認なさりたい場合は、区役所の税務課や行政サービスコーナーで「市民税・県民税課税(非課税)証明書」を取得してください。証明書を取得する場合、本人確認書類の提示及び交付手数料が必要です。

Q
令和5年度の住民税非課税世帯とは、いつの収入を元にしているか。
A

令和4年1月1日から令和4年12月31日の収入です。

Q
「住民税が課税されている方の扶養親族等のみからなる世帯」とは、どういう世帯ですか。
A

例えば、次のような世帯が該当します。この場合は、本給付金の支給対象外となります。

  • 別居している親(課税者)に扶養されている一人暮らしの学生(非課税者)の世帯
  • 子(課税者)に扶養されている高齢の親(非課税者)の世帯
  • 単身赴任している夫(課税者)に扶養されている妻子(非課税者)のみの世帯

この扶養とは、税法上の扶養であり、社会保険上の扶養ではありません。
「市民税・県民税課税(非課税)証明書※」を取得すると、
一番下の(備考欄)に扶養している方のお名前が記載されています。
※区役所の税務課や行政サービスコーナーでを取得できます。本人確認書類の提示及び交付手数料が必要です。
また、課税者に扶養されていなくても、青色申告の事業専従者となっている場合は、課税者の被扶養者として取り扱います。

Q
令和5年1月1日に日本に住んでいなかったため、令和5年の住民税が非課税だが、その証明はどのようにしたらよいか。
A

【過去に日本にいたことがある人の場合(日本人または外国の方)】
「最後に日本を出国した日」と「直近の入国日」が分かる面のコピーを添付して、申請書を提出してください。
コピーする際は顔写真のある面のコピーも添付してください。

【初めて日本に入国する人の場合(外国の方)】
「出入国日」が分かる面のコピーを添付して申請書を提出してください。
コピーする際は顔写真のある面のコピーも添付してください。

申請手続き(申請関係書類)について

Q
「【7万円給付金】電力・ガス・食料品等価格高騰緊急支援給付金」は、世帯主以外の方でも申請できますか。
A

「確認書」や「申請書」の名義は世帯主である必要があります。
ご家族など、別の方が手続を行う場合は、世帯主の代理人として手続きを行ってください。

  • 法定代理の場合、代理関係が確認できる書類(発行から3か月以内)のコピーと代理人の本人確認書類のコピーの添付が必要です。
  • 法定代理以外の代理の場合、世帯主と代理人両方の本人確認書類のコピーの添付が必要です
Q
「【7万円給付金】電力・ガス・食料品等価格高騰緊急支援給付金」の「支給のお知らせ」や「確認書」が届きません。
A

次に当てはまる方は、本給付金に関する書類は送付されません。
1.住民登録をしている横浜市の住所とは別の場所に住んでいる。(横浜市からの書類は住民登録の住所にお送りしています。)
2.世帯に次の状況(例)がある。

  • 令和5年度非課税相当(例:収入がゼロの方や収入が公的年金等のみで155万円以下の方)であっても、税の申告を行っていない方がいる世帯
  • 税申告の修正手続きにより令和5年度住民税均等割が課税から非課税となったが、令和5年度の緊急支援給付金(3万円)を受給しなかった世帯
  • 令和5年1月2日から12月1日までに市外から転入した方がいる世帯
  • 令和5年1月2日から11月30日までに扶養者と離婚、または死別などにより、被扶養者だけが残った世帯
  • 令和5年度の住民税が課税されてたが、年度の途中で条例による住民税の免除がされた世帯

(注意)上記1または2に該当する方は、ご自身で申請書を入手して申請してください。


3.世帯全員が課税者の扶養に入っている。(今回の給付金の対象ではありません。)

Q
「【7万円給付金】電力・ガス・食料品等価格高騰緊急支援給付金」の支給のお知らせまたは確認書が届きましたが、記載してある世帯主は亡くなっています。どうすればよいですか。
A

「支給のお知らせ」が届いた世帯

  • 2月13日までに世帯主が亡くなり、その世帯が亡くなった方のみの単身世帯だった場合は、世帯自体がなくなってしまうことから、給付の対象外となります。コールセンターへご連絡下さい。

「確認書」が届いた世帯

  • 「確認書」の①の世帯主欄を二重線で訂正し、新たに世帯主となった方の氏名を記入してください。その際、金融機関の口座、本人確認書類は新たに世帯主となった方のものを使用してください。合わせて、亡くなった世帯主の方の死亡診断書の写しをご提出下さい。

確認書の修正例


  • 対象の世帯が亡くなった方のみの単身世帯だった場合は、世帯自体がなくなってしまうことから、給付の対象外となります。
Q
「【7万円給付金】電力・ガス・食料品等価格高騰緊急支援給付金」の確認書、申請書を送付するときに書類をつけ忘れてしまいました。
A

必要書類が不足していた場合は、後日、受付センターより不足書類のご案内をしますので、それまでお待ちください。
ご案内が届きましたら、内容をよく確認し、記載内容に従って対応してください。その際は、ご案内の書類も一緒に返送をお願いいたします。

Q
確認書を紛失・毀損してしまった。再交付してほしい。
A

コールセンター:0120‐045‐320(フリーダイヤル)にお申し出ください。

支給時期について

Q
「【7万円給付金】電力・ガス・食料品等価格高騰緊急支援給付金」は、いつ頃支給されますか。
A
世帯の状況や手続き方法により支給時期は異なります。
対象世帯支給時期
令和5年度住民税非課税世帯「支給のお知らせ」が届いた世帯

「支給のお知らせ」に記載された金融機関の口座へ、2月28日から振り込みます。
※振込口座変更の申し出をされた場合は、変更先の口座情報をいただいてから、振込までに1か月程度かかる見込みです。

「確認書」で申請した世帯給付対象であり、書類や記入事項に不備がない場合、申請を受け付けてから約1か月で振り込まれます。
「申請書」で申請した世帯
Q
「【7万円給付金】電力・ガス・食料品等価格高騰緊急支援給付金」の「確認書」を提出したのに、なかなか給付金が支給されません。審査の進捗状況を確認したいです。
A

横浜市では、給付金の審査対象者が多いため、給付金の支給まで時間がをいただいております。提出いただいた書類に不備があった場合は、必ず住民登録地に不備の通知が送付されます。

どうしても審査の進捗状況を確認したい方は、コールセンターへ連絡願います。(お答えできるのは申請者本人と申請書に記載した代理人のみです)
電話番号:0120‐045‐320(フリーダイヤル)
受付時間:午前9時から午後7時まで(土曜日、日曜日、祝日を除く)

    Q
    振込が完了したことの案内はあるか。
    A

    振込完了の通知は発送いたしません。ご自身で通帳記入等を行い、入金を確認してください。
    ■振込名義:ヨコハマキンキユウシエンキン

    その他

    Q
    「【7万円給付金】電力・ガス・食料品等価格高騰緊急支援給付金について支給対象外のご案内」を受け取ったが、税申告の修正手続きにより令和5年度住民税均等割が課税から非課税になったので、再度審査してほしい。
    A

    令和5年6月1日時点での税情報を確認したうえで、支給対象外のご案内を送付しています。
    修正申告等により税情報が遡って変更となった場合は、申請手続きが必要となるため、コールセンターにご連絡ください。

    電力・ガス・食料品等価格高騰緊急支援給付金コールセンター

    電話番号:0120‐045‐320(フリーダイヤル)
    受付時間:午前9時から午後7時まで(平日のみ)
    ※外国語は英語・中国語・ポルトガル語・韓国語・ベトナム語・ネパール語・スペイン語・タガログ語に対応しています。
    ファクス番号:0120-303-464(フリーダイヤル、耳の不自由な方のお問合せ用ファクスです)
    問い合わせ用メールアドレス:support@yokohama-kyufu.jp
    ※メールでのお問合せは回答まで時間がかかる場合があります。

    Q
    「【7万円給付金】電力・ガス・食料品等価格高騰緊急支援給付金」に関する通知が届きません、(最近引越しました。)
    A

    当該給付金に関する郵便物は、令和5年12月1日時点での住民登録地あてに発送しています。郵便局に転送届の提出後、コールセンターにご連絡ください。

    Q
    「【7万円給付金】電力・ガス・食料品等価格高騰緊急支援給付金」は、課税対象となりますか。
    A

    課税対象とはなりません。

    このページへのお問合せ

    横浜市 電力・ガス・食料品等価格高騰緊急支援給付金コールセンター

    電話:0120-045-320

    電話:0120-045-320

    ファクス:0120-303-464(耳の不自由な方のお問い合わせ用)

    メールアドレス:support@yokohama-kyufu.jp

    前のページに戻る

    ページID:865-184-424

    先頭に戻る