このページの先頭です

防災・減災推進研修

最終更新日 2020年5月27日

~地域の防災力の向上を図る~

防災・減災推進研修とは…?|基礎編|支援編|応用編|事例発表会


横浜市では、平成26年度より、町の   

防災組織(自治会・町内会等)の中で

活動している方々などに対し、市が進

めようとしている防災・減災に関する

講義や体験プログラムを実施しています。

防災・減災の知識を広く地域の中に

浸透させ、地域の防災の担い手を育成                                                                                                                                              

し、地域の防災力の向上を図ることを                                                          

目的としています。

                                                                             画像拡大(PDF:193KB)

※新型コロナウイルス感染症のため、研修の実施は調整中です。


<研修の目的>

自助・共助についての基礎的知識や防災・減災に取り組む際の考え方を学んでいただき、地域で共助に

取り組むきっかけにしていただくことを目的としています。

<内容>

・本市防災施策【講義】

・実際に体験し、分かりやすく楽しく学ぼう【体験プログラム】

・地域の特性を踏まえた事前の備えを考えよう【グループワーク】

<対象者>

自治会・町内会、マンション管理組合等の防災担当者

<対象者>
町の防災組織(自治会・町内会、マンション管理組合)

<研修の目的>

地域特性を理解してもらい、地域にあった防災・減災活動を考える支援をすることを目的としています。

<研修カリキュラム>
(1)【地震編】戸建て向け

(2)【地震編】マンション向け

(3)【風水害編】マイ・タイムラインの作成

<研修の目的>

町の防災組織(自治会・町内会等)において、防災・減災活動を進めるリーダー役を育成し、地域の防

災・減災活動を推進してもらうことを目的としています。

<内容>

防災組織マネージメントのノウハウや災害時の対応方法を学ぶ研修です。

・地域における防災・減災の進め方(防災組織運営のノウハウを学ぶ)

・発災した際の地域における対応

<対象者>
基礎編修了者

<研修の目的>

支援編受講団体の取組やその課題を聞き、所属する「町の防災組織」の防災・減災の取組

に活かしてもらうことを目的としています。

<内容>

●「町の防災組織」事例発表会
支援編を受講した町の防災組織が、同研修受講後に始めた取組について発表します。

発表団体の抱える課題に対して、専門家がアドバイスをします。

●特別講演会

外部の講師をお招きし、自分の命は自分で守る「自助」、地域の助け合いである「共助」について

考えていただく講演を行います。

<対象者>

どなたでも

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページへのお問合せ

総務局危機管理部地域防災課

電話:045-671-3456

電話:045-671-3456

ファクス:045-641-1677

メールアドレス:so-chiikibousai@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:305-230-213

先頭に戻る