このページの先頭です

LED防犯灯設置事業について

夜間における防犯環境整備と地球温暖化防止策の一つとして、市内に約18万灯設置されている防犯灯のLED化を進めています。

最終更新日 2019年3月13日

LED防犯灯とは

LED防犯灯は、現在の蛍光灯のものと比べてエネルギー効率と耐久性に優れ、省エネと維持管理経費の削減に効果があります。

蛍光灯とLED防犯灯の特徴比較(1灯あたり)*数値は目安です。
項目20W蛍光灯LED防犯灯(10W以下)
消費電力約22W
(安定器4W含む)
約10W
二酸化炭素年間排出量約48.7Kg/年約22.2kg/年
寿命約2年約15年

LED防犯灯の概要

灯具、光源、自動点滅器はすべて15年以上の耐用年数とし、メンテナンスフリーを目指します。
〇明るさについて
引き続き、(社)日本防犯設備協会が定める「防犯灯の照度基準(SESE1901-4:2015改正)」におけるクラスB+を満たすものとします。
〇まぶしさについて
LED防犯灯のまぶしさを防止する必要があるため、引き続き「歩行車のための屋外公共照明基準(一般社団法人照明学会)に掲載されているまぶしさの制限を満足させるものとします。

LED防犯灯設置事業について

横浜市では、自治会町内会からの申請に基づき、LED防犯灯の設置を行っています。
毎年、申請書類の提出〆切があり、審査、選定の上、秋から冬にかけて工事を行っております。
申請のご案内については自治会町内会の会長様宛に送付されます。
横浜市によるLED防犯灯の新設を希望される際には、期日までに申請書をご提出いただきますようお願いいたします。

問い合わせ先

市民局地域防犯支援課(電話671-3709)までお願いします。
防犯灯のあり方検討会
防犯灯設置基準
LED防犯灯設置灯具一覧

このページへのお問合せ

市民局市民協働推進部地域防犯支援課

電話:045-671-3705

電話:045-671-3705

ファクス:045-664-0734

メールアドレス:sh-chiikibohan@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:847-877-283

先頭に戻る