このページの先頭です

おすすめモデルコース

最終更新日 2021年6月9日

「みなとぶらりチケット」でめぐる横浜観光 おすすめコース!!

ベイサイドブルーとあかいくつでめぐる王道コース

今回のおすすめコース★★

今回のコース紹介

今回は、スマートフォンアプリ「my route」で購入できる「みなとぶらりチケットデジタル(500円)」を使って、行ってきます!!バスに乗車するときは、券面が表示された画面を乗務員に見せるだけでとても簡単!
横浜市営地下鉄・バスのデジタル1日乗車券については、こちらをご確認ください。

横浜駅東口からカップヌードルパーク・ハンマーヘッド入り口へ

横浜駅前[東口バスターミナル]4番乗り場から出発。
まず、「カップヌードルパーク・ハンマーヘッド入口」バス停で下車。二人が向かったのは、横浜ハンマーヘッド内にある「ありあけ ハーバースタジオ横浜ハンマーヘッド店」。

横浜のムード銘菓として人気の「ハーバー」の製造工程を見られる他、店内に設置されたmyハーバーマシンで撮影した自分の画像を入れた特別パッケージの「myハーバー(税込1,000円)」を作ることができます。
今日の旅の記念に写真入りの世界に一つだけの「myハーバー」を作りました。

ハンマーヘッドでの写真

バスの出発まで少し時間があったので、ハンマーヘッドパークを散策。
横浜港を一望できるハンマーヘッドデッキの上で焼きたてハーバーをパクリ。

横浜ハンマーヘッド
最寄りバス停 ベイサイドブルー:「カップヌードルパーク・ハンマーヘッド入口」
あかいくつ:「ハンマーヘッド」
施設WEBページ https://www.hammerhead.co.jp/(外部サイト)
施設紹介 客船ターミナル施設を中心に、“食”をテーマとした体験・体感型の商業施設とラグジュアリーホテルからなる日本初の複合施設です。

ありあけ ハーバースタジオ横浜ハンマーヘッド店
最寄りバス停 ベイサイドブルー:「カップヌードルパーク・ハンマーヘッド入口」
あかいくつ:「ハンマーヘッド」
電話番号 045-228-8234
営業時間

11:00~20:00
※ただし横浜ハンマーヘット営業時間に準ずる。

店舗WEBページ https://harbour-world.jp/shops/dire_shop23(外部サイト)

みなとぶらりチケット特典サービス ありあけ

ハンマーヘッドから中華街(朝陽門)へ

ハンマーヘッドから横浜の観光スポット周遊バスとしてお馴染みの「あかいくつ」に乗り替え、ランチを食べに横浜中華街へ。
世界最大級のチャイナタウン「横浜中華街」は、中国料理店が200店舗以上集まり、観光客の食欲を満たしてくれます。
美味しそうな店ばかりで目移りしてしまいますが、二人が選んだのは、中華街大通り沿いで店先に美味しそうな叉焼などの焼き物が並ぶ「中華菜館 同發本館」。
焼き物・乾物の店として明治に創業し、今では横浜中華街を代表する広東料理店の人気店です。

同發食事風景

注文したのは秘伝のタレをつけて専用の窯でじっくり焼いたチャーシューと何度もひっくり返した焼いた皮付き豚バラ肉がセットになった「叉焼拼焼肉<チャーシュー&皮付き豚バラ肉の焼物>(2,310円)」、海老やたけのこなど6種の具を豚の網脂で巻いた具沢山の「網油酥炸巻<五目入り巻揚げ> -Sサイズ>(1,600円)」、鶏肉等や香味野菜から取った中華スープにネギと細切りチャーシューが乗った「葱油香麺<ねぎそば>(890円)」の3品。
焼き物は香ばしくジューシー、五目入り巻揚げは食べ応え満点、ネギそばはやさしい味で大満足のランチでした。

中華菜館 同發別館
最寄りバス停

ベイサイドブルー・市営バス:「中華街入口」
あかいくつ:「中華街(朝陽門)」

電話番号 045-681-6331
営業時間 11:00-21:30
店舗WEBページ http://www.douhatsu.co.jp/(外部サイト)

同發特典サービス

中華街(朝陽門)から港の見える丘公園前へ

山手散策

ローズホテル横浜の前のバス停「中華街(朝陽門)」から再び「あかいくつ」に乗って「港の見える丘公園前」へ。
かつて外国人居留地であった横浜山手には大正から昭和初期にかけて建てられたレトロな洋館が今でもあちらこちらに点在しているので、異国情緒を味わいなら散策することができます。

そんなレトロな洋館の中の一つ、昭和2(1927)年に日本人建築家朝香吉蔵氏が設計した英国式の洋館でカフェを営業しているのが「えの木てい」です。
洋館めぐりを楽しんだ後、この「えの木てい」でちょっと休憩することにしました。
二人が注文したのはオープン以来のレシピをそのまま受け継ぐ「レアチーズケーキのケーキセット(1,221円)」と、平日限定メニューの「復刻版ローズガーデンセット(1,950円)」です。

レアチーズケーキは濃厚なチーズの風味と甘酸っぱいベリーのソースがぴったり。
復刻版ローズガーデンセットは、アフタヌーティースタアンドにサンドイッチ・スコーン・バラのケーキ・パンナコッタなどが乗っていて、どれも上品な味わい。
※復刻版ローズガーデンセットに入るスイーツは日によって内容が変わります。

レトロな洋館で極上のティータイムを楽しみました。
また2階には、「名物のチェリーサンド」をはじめ可愛いお菓子がたくさん並ぶスイーツショップもありますので、えの木ていの味をテイクアウトで楽しむこともできます。

えの木てい
最寄りバス停

あかいくつ:「港の見える丘公園前」

電話番号 045-623-2288
営業時間

平日12:00-17:30(L.O.17:00)
土日祝11:30-18:00(L.O.17:30)

店舗WEBページ http://www.enokitei.jp/(外部サイト)

えの木てい特典サービス

港の見える丘公園前から赤レンガ倉庫前へ

帰る前に今日の旅の記念に何かお買物をしたいと思った二人は「港の見える丘公園前」から「あかいくつ」に乗って「赤レンガ倉庫前」へ。
多くのショップが入っている横浜赤レンガ倉庫ですが、二人が訪れたのは横浜赤レンガ倉庫1号館の中にある倉庫の働き者、フォークリフトが目印のお土産ショップ「赤レンガDepot」です。「レトロ横浜」をテーマに、どこか懐かしく、どこか新しい、横浜の魅力がつまったグッズがたくさんあるので、みなさんもぜひ、素敵なお土産を探してみてください。

横浜赤レンガ倉庫2号館2階バルコニーの海側には、カップルで鳴らすと恋愛が成就すると言われている「幸せの鐘」がありますので、カップルでお出かけの際はぜひ!!

横浜赤レンガ倉庫
最寄りバス停 あかいくつ:「赤レンガ倉庫・マリン&ウォーク」(中華街方面行き)
あかいくつ・ベイサイドブルー:「赤レンガ倉庫前」(横浜駅方面・桜木町駅方面行き)
施設WEBページ https://www.yokohama-akarenga.jp/(外部サイト)
施設紹介 明治~大正時代にかけて、国の模範倉庫として誕生し、震災や戦争などの長い歴史を刻み、平成14年に、文化・商業施設として生まれ変わりました。

横浜赤レンガ倉庫 赤レンガデポ
最寄りバス停 あかいくつ:「赤レンガ倉庫・マリン&ウォーク」(中華街方面行き)
あかいくつ・ベイサイドブルー:「赤レンガ倉庫前」(横浜駅方面・桜木町駅方面行き)
電話番号 045-650-8208
営業時間 10:00-19:00
店舗WEBページ https://www.yokohama-akarenga.jp/shops/detail/52(外部サイト)

赤レンガデポ特典サービス

赤レンガ倉庫前から横浜駅改札口前へ

帰りは「赤レンガ倉庫前」からベイサイドブルーに乗って横浜駅へ直行。
「赤レンガ倉庫前」発のベイサイドブルーの最終は平日19:04、土休日19:34なので、乗り遅れのないように気を付けてくださいね。

今回こちらのコースを紹介してくれたのは・・・

プライベートでも横浜の街歩きが大好きという第18代 横浜観光親善大使の稲垣 薫(いながき かおる)さんと首藤 櫻(しゅどう さくら)さんでした。
横浜観光親善大使についてはこちら(外部サイト)よりご確認ください。
 

このページへのお問合せ

前のページに戻る

ページID:907-507-347

先頭に戻る