このページの先頭です

自分にご褒美!! 船上アフタヌーンティーを楽しむ非日常のプチ贅沢コース

最終更新日 2022年4月8日

船上アフタヌーンティーを楽しむプチ贅沢コース

今回のおすすめコース★★

今回のコース紹介

仕事や家事をこなしている毎日の中で、たまには自分にご褒美も必要ですよね。
日常を少し離れて、ゆっくりできるプチ旅行なんていかがでしょう。

今回は、「みなとぶらりチケット(500円)」を使って、横浜にいながらいつもとちがう贅沢な時間を過ごせるコースをご案内します。
スマートフォンアプリ「my route」では、いつでもどこでも事前に「みなとぶらりチケットデジタル」が購入できます。バスに乗車するときは、券面が表示された画面を乗務員に見せるだけでとても簡単!
横浜市営地下鉄・バスのデジタル1日乗車券については、こちらをご確認ください。

ベイサイドブルーで横浜駅前からパシフィコ横浜へノースへ

出発は横浜駅東口から。地下街PORTAをまっすぐ進んで、東口バスターミナルA4番乗り場へ。(赤い階段が目印です)
青い「ベイサイドブルー」の看板と待合室を見つけたら、バスの到着を待ちます。
鮮やかなマットメタリックブルーの長いバスが乗り場に入ってきます。

ヨーロッパの都市では見かけることもありますが、国内では連節バスは珍しいので日常を離れるこの旅のスタートにぴったり。みなとぶらりチケットを提示して乗車。
連節バスは車内も長くて広々、どこに座ったらよいか悩むかも!?そんなときはぜひ、後部座席へ。

パシフィコ横浜ノース・臨港パークの写真

2つめのバス停「パシフィコ横浜ノース」で早速下車。目の前には「ザ・カハラ・ホテル&リゾート 横浜」も。
ここからはみなとみらい「臨港パーク」へ。「フルーツツリー」や錨のオブジェなどフォトスポットもあって、お散歩が楽しい公園。
ちょっと広い芝生に座りながら、目の前に広がる港の光景を眺めているだけでも、日頃の疲れが癒されていくよう。
まるで暮らしている気分でのんびりすること自体が贅沢ですね。

ベイサイドブルーでパシフィコ横浜から山下公園へ

臨港パークを北から南へ歩いたところで、今度は「パシフィコ横浜」から再び「ベイサイドブルー」へ乗車。

3つ目の「山下公園前」で降り、「ホテルニューグランド」へ向かいます。
本館1階にある「コーヒーハウス ザ・カフェ」へ。

日本の洋食「シーフードドリア」「スパゲッティ ナポリタン」「プリン ア ラ モード」発祥のホテルで、少し早めのランチタイム。
いつも気軽にいただいている洋食とは、また一味違う。
歴史が刻まれた一皿だけに、ひとくちひとくちをじっくり味わいたくなります。
クラシカルで素敵な館内にいると、現実からドラマや映画の中へ旅しているかのようです。

ザカフェ特典サービス

コーヒーハウス ザ・カフェ
最寄りバス停 ベイサイドブルー:「山下公園前」
あかいくつ:「山下公園前」
電話番号 045-681-1841
営業時間 10:00~21:30(LO21:00、コースLO20:30)
店舗WEBページ https://www.hotel-newgrand.co.jp/the-cafe/(外部サイト)

あかいくつで山下公園前から大さん橋客船ターミナルへ

少し早めのランチを終えたら、ホテル前のバス停から「あかいくつ」にのって、「大さん橋客船ターミナル」へ。
バス停はひとつめなので、ランチ後のお散歩でもよいですが、1日乗り放題のみなとぶらりチケットなら気軽にバスを使えるのもポイントです。

大さん橋客船ターミナルに着いたら、まずは館内にある「ロイヤルウイング」のチケットカウンターへ寄ります。
こちらで事前に予約したアフタヌーンティープランのチケットを引き換えます。
カウンターでみなとぶらりチケットを提示すると割引が受けられます。
乗船開始のアナウンスまでターミナル内で待つのですが、海の玄関口だけあって、まるでクルーズ旅行に出発する気分でワクワクしてきます。

【ロイヤルウイング出航】
乗船開始のアナウンスが入り、いよいよ90分のティークルーズへ。
感染予防対策としてサーモグラフィでの検温から乗船口へ案内されますので、安心です。
いよいよロイヤルウイングへ乗船。ピアノの生演奏でのお出迎えつきです。

クルーの皆さんの笑顔がマスク越しでも温かく、席へ案内されるまでも特別感にひたってきました。

予約したアフタヌーンティープランはソフトドリンク飲み放題で、さらにプレミアムドリンクが1杯選べます。
ハーブティー、フレーバーティーなどの9種類の中から今回はクルーさんにおすすめいただいた「仙女花藍」に。
運ばれてきたお茶がこちらです。透明なガラスのポットの中で赤いお花がひらいたところで飲み頃です。
お茶に続いてはケーキスタンドがお目見えです。

3段のプレートには前菜、セイボリー、スイーツが色とりどりに並び、眺めているのも楽しいだけに、プレートから取るのもためらうくらい。いただく前に写真におさめておきます。
軽食に叉焼パイに春巻、スコーンではなくマーラーカオといった中華が取り入れられているのも横浜らしさを感じさせてくれます。

写真を撮りながら気づいたのですが、船の揺れをほとんどないのです。安心してアフタヌーンティーも楽しめます。
下段の軽食からいただいていると、今度はテーブルに香港点心セットが運ばれてきました。飲茶も楽しめるなんて嬉しいポイントです。
フロアではピアノの生演奏、クルーからのおもてなしでかわいいバルーンアートの実演など、クルーズならではのお楽しみもあり、優雅な時間が流れていきます。

ロイヤルウイングからの景色

食事も落ち着いたところで、デッキへ。デッキも広くて開放的。海の風を直接感じることができて、気持ちも良いです。
一番のみどころは、やはりベイブリッジをくぐる瞬間。普段、陸上からは見られない橋の裏側をみることができ、圧巻です。
橋をくぐり終えると大さん橋まで戻る船からは、みなとみらいの景色も楽しめます。
知っている景色も海からはまた違って見えるので、遠出した気分も。
大さん橋に着岸して、ティークルーズも終了。楽しいひと時はあっという間、でも90分とは思えないほど長いクルーズ旅していたような余韻もあります。

ロイヤルウイングの特典サービス

ロイヤルウイング
最寄りバス停 ベイサイドブルー:「大さん橋入口」
あかいくつ:「大さん橋客船ターミナル」
電話番号 045-662-6125
営業時間 10:00~19:00(予約受付時間)
店舗WEBページ https://www.royalwing.co.jp/(外部サイト)

ベイサイドブルーで大さん橋入口から山下ふ頭へ

「ベイサイドブルー」で終点「山下ふ頭」へ。停留所から見える氷川丸越しのみなとみらいの景色も素敵です。
「山下ふ頭」から徒歩で「元町ショッピングストリート」へ。

グルメも観光も満喫した一日のしめは何といってもショッピング。元町といえばはずせない、「キタムラ元町本店」へ。
長く大切に使えるバッグや小物が揃っていて、自分へのご褒美にはもってこいですね。

しかも、ぶらりチケットを提示すると税込10,000円以上お買い上げのお客様にハンカチタオルのプレゼントももらえてお得です。(タオルの柄は時期により、変更になる可能性があります。)

キタムラ本店の特典サービス

キタムラ 元町本店
最寄りバス停 ベイサイドブルー:「山下ふ頭」または「山下町」
あかいくつ:「元町入口」
電話番号 045-664-1189
営業時間 10:00-18:00
店舗WEBページ https://www.motomachi-kitamura.com/(外部サイト)

ベイサイドブルーで山下町から横浜駅改札口前へ

両手いっぱいにお買い物も楽しんだところでプチ贅沢旅は終了。
帰り道はゆったり「ベイサイドブルー」で横浜駅へ。

このページへのお問合せ

交通局自動車本部営業課

電話:045-671-3211

電話:045-671-3211

ファクス:045-322-3912

メールアドレス:kt-jidosyaeigyo@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:387-756-653

先頭に戻る