このページの先頭です

市営地下鉄ブルーラインの脱線について【続報7】

最終更新日 2019年6月10日

記者発表資料

令和元年6月10日

交通局電気課

令和元年6月10日 5時現在
 
1 復旧作業状況と今後の工程
 事故車両を全てレール上に引き上げ、事故区間から車両を移動できたことで、マクラギの交換等軌道工事やサードレールの復旧工事も本日午前2時に全て完了し、信号通信設備工事についても、午前2時50分に終了しました。
 事故車両については、始発運行までの上永谷車両基地への移送を断念し、湘南台駅へ暫定的に留置することとして、現在慎重に作業を進めています。
 今後、事故区間付近の点検を実施し、試運転列車による安全最終確認を行う予定です。

2 復旧見込み
 不通区間(湘南台~踊場間)の再開は、通勤・通学時間帯には間に合いませんでしたが、午前中の運行再開を見込んでいます。
 次回の情報提供は、2時間後(午前7時30分頃)を予定しています。

3 本日始発からの運行状況
 ブルーラインはあざみ野~踊場間での折り返し運転(5分から7分間隔)を実施しています。
 不通区間は、午前5時30分からバスによる代行輸送(踊場駅~中田駅~立場駅~いずみ中央駅(相鉄いずみ野線)間)を行っており、7時台には23台(相鉄バス6台、神奈川中央交通1台、市営交通16台)での運行を予定しています。

記者発表資料

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

前のページに戻る

ページID:203-891-370

先頭に戻る