このページの先頭です

グリーンラインの6両編成化の概要

 平成20年の開業以来、沿線の人口定着が進んでいることなどから乗車人員が毎年増加傾向にあり、平成30年度は1日あたり約15万人のお客様に利用されています。一方で、それに比例するように混雑率も上昇を続け、令和元年度は163%となっています。今後も沿線人口の増加が見込まれており、朝ラッシュ時間帯の混雑を緩和するため、グリーンラインの6両編成化に取り組みます。

最終更新日 2020年3月30日

グリーンライン車両写真

輸送力増強の概要

車両の6両編成化

全17編成中10編成に2両増結し、6両編成化に取り組みます。

駅改良

全10駅を6両化に向けて改良します。(ホーム延長、ホームドア増設、駅ホーム床面仕上げ、照明等の追加、等)

車両基地の改修

6両化に向けて車両基地を改修します。(検修庫増築、軌道工事、電気工事、地盤改良、等)

今後の予定

編成の6両化

元年度・・中間増備車両の発注
2年度・・車両設計
3年度・・車両製造
4年度・・3編成導入
5年度・・3編成導入
6年度・・4編成導入

駅改良

元年度・・設計
2年度・・工事
3年度・・工事
4年度・・残工事

車両基地の改修

元年度・・設計
2年度・・工事
3年度・・工事

これまでの混雑緩和策

グリーンライン開業(平成20年3月)

朝ラッシュ時 1時間あたり14本で運行

運転間隔の短縮(ダイヤ改正)で運転本数を増加(平成22年4月)

朝ラッシュ時 1時間あたり16本に増発

車両増備(2編成)で運転本数を増加(平成26年4月)

朝ラッシュ時 1時間あたり18本に増発

最高速度を向上(ダイヤ改正)させて運転本数を増加(平成30年3月)

朝ラッシュ時 1時間あたり19本に増発

混雑の推移

混雑の推移

オフピーク通勤のお願い

令和元年(2019年)11月時点のラッシュ時間帯の日吉本町駅⇒日吉駅の混雑状況は表のとおりです。7時半~8時頃に日吉駅に到着する列車は混雑が見込まれます。混雑が集中する時間帯を避けての通勤・通学にご協力をお願いします。

オフピークグラフ

前のページに戻る

ページID:776-708-299

先頭に戻る