このページの先頭です

施工方法

最終更新日 2020年6月1日

地下鉄交差部土木工事

開削工法により施工します。
開削工法とは、地上から掘削し、構造物を構築していく方法です。

施工フロー

第5出入口移設工事

開削工法により施工します。
開削工法とは、地上から掘削し、構造物を構築していく方法です。

平面図

1.最初に埋設物や円形歩道橋の階段などの支障物を移設・
撤去します。

2.掘削の際に周辺の土が崩壊しないように、土留壁と呼ばれる
壁をつくります。


平面図

3.支保工で土留壁を支えながら、必要な深さまで掘り進めます。


平面図

4.掘削が完了したら、下から構造物をつくっていきます。


平面図

5.構造物が完成したら、構造物の上部を埋戻し、歩道を
復旧します。


平面図

6.階段や屋根等、建築工事を行います。


新横浜駅での工事についてへ戻る

このページへのお問合せ

交通局工務部建設改良課

電話:045-671-3217

電話:045-671-3217

ファクス:045-322-3913

メールアドレス:kt-kensetsukairyo@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:591-332-220

先頭に戻る