このページの先頭です

事業計画の概要

最終更新日 2020年4月1日

 高速鉄道3号線の延伸は、国土交通大臣の諮問機関である交通政策審議会の答申第198号(平成28年4月)に位置付けられ、横浜市と川崎市が協調して、高速鉄道3号線延伸の事業計画について合意形成を進め、平成31年1月に横浜市として事業化を判断しました。
 その後、説明会の開催や意見募集などを実施し、令和2年1月に概略ルート・駅位置を決定しました。
 今後、交通政策審議会答申の目標年次である令和12年の開業に向け、環境影響評価や都市計画、鉄道事業法等の手続を経て、早期の事業着手を目指します。

あざみ野駅から嶮山付近 すすき野付近 ヨネッティー王禅寺付近を経由して新百合ヶ丘駅南口付近まで整備
概略ルート・駅位置図

事業概要
概要
整備区間 あざみ野~新百合ヶ丘
整備延長 約6.5km
概算事業費 約1720億円
ルート・駅位置 新駅4駅(既設あざみ野駅を除く)
事業主体 横浜市交通局(第1種鉄道事業者)
事業スキーム 地下高速鉄道整備事業費補助(想定)
開業 令和12年開業目標(交通政策審議会答申の目標年次)

このページへのお問合せ

交通局工務部建設改良課

電話:045-671-3216

電話:045-671-3216

ファクス:045-322-3913

メールアドレス:kt-kensetsukairyo@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:207-512-348

先頭に戻る