このページの先頭です

撮影協力

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、撮影協力の実施を制限させていただいております。詳しくは、メール(kt-koho@city.yokohama.jp)でお問い合わせください。

最終更新日 2020年11月11日

横浜市営交通のプロモーション活動の一環として、市営バスや地下鉄車両・駅を使用した映画、テレビ番組、コマーシャル、雑誌などの撮影に協力させていただきます。なお、当局敷地外(道路、駅前広場、バス周辺施設など)を含めた撮影の場合は、横浜フィルムコミッション(電話:045-671-3999、メールアドレス: bk-film-c@city.yokohama.jp)へご相談ください。

※お客様の安全確保や運行への支障防止の観点から時間帯やスケジュール、ロケーション等のご希望に添えないことがございます。
※撮影中は当局職員の指示に従っていただくとともに、案内スタッフを配置いただくなどお客様のご利用に細心の注意を払ってください。

撮影できる施設について

地下鉄車両(営業列車の内部、貸切列車)

駅施設(ホーム、改札口、コンコース)

バス車両(営業バスの車内、貸切バス)

※営業中のバス車内への乗り込み人数は最大6人とさせていただきます。
※貸切バスをご利用いただく際にはバス停に停車できませんので、道路上で停車し撮影する場合は道路使用許可等を別途取得していただく必要があります。

撮影協力に関する条件

お問い合わせ

撮影のお問い合わせはEメールにてご連絡ください。
メールアドレス:kt-koho@city.yokohama.jp
地下鉄車両を貸切利用する場合は2か月前まで、バスを貸切利用する場合は1か月前までにご連絡ください。その他の撮影は2週間前までにご連絡ください。担当者からメールまたは電話にて折り返しご連絡いたします。
※バス貸切利用の場合は、乗務員や車両の空き状況を確認するため、運行時間やルート等のご希望を事前にご提出いただく必要があります。

特に書式は定めておりませんがご連絡をいただく際に以下の事項を記載いただくようにお願いします。(※印は必須項目です)。
•会社名(※)
•会社電話番号(※)
•担当部署名(※)
•担当者名(※)
•担当者電話番号(日中、連絡可能な携帯電話など)(※)
•Eメールアドレス(※)
•撮影希望日・時間(決まっていない場合は、何日頃で結構です)(※)
•撮影希望場所(※)
•撮影に参加する総人数(俳優、スタッフ等施設に立ち入る総人数を記載してください)
•撮影に関するご質問
•企画書(簡単なもので結構です)(※)
•駅の場合は、撮影希望シーンの台本の写し・絵コンテなど(※)

撮影が可能かどうかは、数日中に回答します。

撮影可能日時

準備・撤収の時間を含めて、原則として8時30分~17時15分までとさせていただきます。

撮影協力できないもの

(1)お客様の安全確保に支障のあるもの
(2)市営地下鉄・市営バスの運行に支障のあるもの
(3)当局や横浜市のイメージに悪影響を及ぼすもの
(4)お客様や当局の肖像権などの権利を侵害するもの
(5)公序良俗に反するもの
(6)その他、当局が不適当と認めるもの

その他注意点

(1)ご利用のお客様や、近隣の住民、通行人に不快な思いをさせないようにするほか、撮影に起因する苦情は、撮影者で対応してください。
(2)通行人・お客様の顔等、個人が識別できるような撮影はしないでください。(撮影する場合は、対象者に必ず了解を得てください。
(3)運行やお客様の歩行への影響が懸念される場合は、撮影スタッフ以外に、施設内のお客様や通行人の案内・誘導要員を配置いただくようにお願いします。
(4)撮影時間内に準備、撤収及び現状回復をお願いします。
(5)撮影中に事故やトラブル等が発生した場合については、当局では一切の責任を負いません。
(6)運行中のバス及び地下鉄を利用する場合・駅改札口の通行シーンを撮影する場合は、乗車料(運賃)が必要となります。

お申込みから撮影までの流れ

(1)お問い合わせ (Eメール:  kt-koho@city.yokohama.jp
※地下鉄車両を貸切る場合は2か月前まで、バスを貸切る場合は1か月前までにご連絡ください。その他の撮影日の2週間前までにご連絡ください。

(2)審査調整(内容を確認し、実施可否を検討させていただきます。)

(3)撮影仮承認連絡(1週間以内)
※内容や時期等の事情によりお断りする場合がございます。

(4)撮影許可申請書(第1号様式)を撮影1週間前までにご提出ください。
※車両を貸切る場合は、2週間前までに申請書をご提出ください。

(5)撮影許可書発行

(6)撮影実施

(7)納入通知書の送付

(8)お支払(納入通知書により、金融機関窓口でお支払ください)
 

料金

撮影協力にかかる費用として、施設利用料、立会料、運賃(ご乗車される場合及び駅改札口の通行シーンを撮影する場合)等をお支払いただきます。運賃以外の費用は、当局が発行する納入通知書により、金融機関窓口でお支払ください。

主な料金表
項目 金額(税抜)
施設等利用料【A】 鉄道車両 営業列車の一部(1時間当たり) 25,000円
車両基地留置車両(1時間当たり) 50,000円
貸切列車ブルーライン(片道) 180,000円
貸切列車グリーンライン(片道) 100,000円
鉄道施設(1時間当たり) 駅(改札外) 15,000円
駅(改札内) 20,000円
駅(ホーム) 30,000円
自動車車両(1時間当たり) あかいくつ等特別列車 15,000円
一般路線バス 10,000円
貸切 貸切規定による
立会料(1名1時間当たり)【B】 5,000円
時間外割増 【A】+【B】の30%
延長割増 【A】+【B】の50%

備考
1.撮影時間に1時間未満の端数が生じた場合は、1時間に切り上げる。
2.撮影時間には、準備及び撤収作業時間も含む。
3.複数の施設等において撮影を行う場合の施設等利用料は、時間単位でそれぞれ算出し、分けられない時間帯については該当する項目のうち最も高い金額を適用して算出する。
4.次の場合は立会者を増員することがある。(1)撮影箇所が同時に複数になる場合、(2)撮影場所が一望できない場合、(3)撮影者の人員が50名以上となる場合
5.時間外は、日曜日、土曜日、祝休日、1月2日、1月3日及び12月29日から12月31日の終日並びにその他の期間の午前8時45分から午後5時15分を除く時間帯とする。
6.延長は、当初予定時間を超えて撮影する場合で、かつ、当局が対応可能な場合にのみ適用する。
7.その他の項目に関する料金については、横浜市交通局撮影許可に関する取扱要領をご確認ください。

取消料(キャンセル料)
撮影取消を申し出た期間 金額
撮影14日前~8日前 施設等利用料金額の20%
撮影7日前~2日前 施設等利用料金額の50%
撮影前日~当日 施設等利用料+立会料の金額の100%

※撮影許可ご申請の提出後から発生します。天候等によるキャンセルについてもキャンセル料が発生します。

撮影許可申請

当局からの仮承認連絡後、撮影許可申請書をダウンロードのうえご提出ください。(撮影1週間前まで)

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページへのお問合せ

横浜市交通局経営推進室プロジェクト推進課

電話:045-671-3671

電話:045-671-3671

ファクス:045-322-3911

メールアドレス:kt-koho@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:715-177-636

先頭に戻る