このページの先頭です

バス事業 福祉対策車両の導入

最終更新日 2019年2月25日

どなたにも利用しやすいバス(バリアフリー)

市営バスでは平成8年より中扉に車いすでもご利用いただけるよう、スロープ板を備えた車両を導入しています。(一部特殊車両を除く)
交通バリアフリー法では、平成25年度にノンステップバス等の低床化されたバス導入率100%(小型バスを除く)とし、平成32年度までにノンステップバス導入率70%以上にすることを課せられていますが、市営バスでは平成26年度末現在、約93%となっています。

ノンステップバス

すべてのお客様が乗り降りしやすいように床面が低く(高さ約30cm)、停車時には車高調整装置により、さらに約5cm下げることができ、乗降口に段差が生じません。
また、中扉に車いす乗降用スロープ板を備えています。

大型ノンステップバスの画像
大型ノンステップバス

ノンステップバス写真
小型ノンステップバス


車いす固定場所の画像
車いす固定場所

スロープ板の画像
スロープ板


ワンステップバス

すべてのお客様が乗り降りしやすいように床面が低く(高さ約30cm)、停車時には車高調整装置により、さらに約5cm下げることができ、乗降口に段差が生じません。
また、中扉に車いす乗降用スロープ板を備えています。

ワンステップバス前扉側

ワンステップバススロープ板


リフト付きバス

中扉に車いす乗降用リフトを備えています。
リフト付きバス写真

このページへのお問合せ

交通局自動車本部運輸課

電話:045-326-3868

電話:045-326-3868

ファクス:045-326-3912

メールアドレス:kt-unyu@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:952-605-639

先頭に戻る