このページの先頭です

歴史の散歩道 3-2

最終更新日 2018年7月13日

第三章 日野川沿いの鎌倉古道

二 安養寺と下馬橋(げばばし)跡

風土記マップ
拡大図(画像:92KB)

鎌倉古道の小坪道(地図1)は、おおよそ現在の日野南一丁目と港南台地区の境の道を通っていた。途中、金井前から「峰への分れ道」があったが、その道標は今は北見正司氏の墓地にある。

その小坪道が、現在の清水橋から港南台地区へ向かう上郷・舞岡道路と交差する辺りに、かつては「下馬橋」(地図2)があったという。この橋の付近で、古い道は峰からきた「宮ヶ谷道」と合流もしたし、また、字(あざ)大久保を水源とし小坪の谷間から流れでた日野川は、榎戸を水源とする川とも合流した。この「下馬橋」跡辺りに、かなり風化のすすんだ鎌倉石の石垣があり、その辺りだけが僅かに古道の面影を留めている。「新編武蔵」には「下馬橋は御所ヶ谷(現、日野小学校付近)に、身分のある武士が住んでいたので、馬を降りて通ると定めた橋であろう」という意味のことを記してある。

その「下馬橋」跡から南東150メートル程の所に安養寺(地図3)がある。「新編武蔵」に「鎌倉時代には大寺院であった。」とあり、また、この付近に「安養寺やぐら群」があったことが港南台遺跡調査報告書にある。現在は寺も鉄筋コンクリート造りに変身しているが、境内の大イチョウの木だけが昔を物語っている

四ッ切(しっきり)公園前の墓地(地図4)には港南台一帯から集められた石仏群があり、近世初期特有の丈の高い錫杖(しゃくじょう)を持った地蔵尊や、雄、雌、雄の順に三猿が彫られた、寛文期(17世紀)の庚申塔など貴重なものが多い。



「こうなん道ばたの風土記」(改訂版)は「港南の歴史研究会」の編集により、平成11年10月に発行されたものです。

このページへのお問合せ

港南区総務部区政推進課

電話:045-847-8321

電話:045-847-8321

ファクス:045-846-2483

メールアドレス:kn-kusei@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:321-304-917

先頭に戻る