このページの先頭です

環境学習講座

最終更新日 2019年11月19日

環境学習講座

環境学習講座とは

地球温暖化をはじめとする環境問題やSDGs(持続可能な開発目標)など、大事なことだとは分かっていても
それらを私たち自身の問題として考えることは、大人も子ども難しいものです。
環境学習講座では楽しい実験やワークを通じて、環境について考え、自分ごと化するためのきっかけ作りをしています。

令和元年(2019年)の講座のようす

港南台第一小学校放課後キッズクラブ/講師:こども国連環境会議推進協会

10月26日に港南台第一小学校で、こども国連環境会議推進協会の井澤事務局長をお招きし、
SDGsのワークショップを実施しました。
はじめに、SDGsが目指す世界や、SDGsのそれぞれの目標が密接に繋がっていることを、
身近な例えを用いながら分かりやすく説明してもらいました。

SDGsがなぜ必要なのかを楽しく学ぶために、カードゲームとブロックを使ったワークショップを行いました。
自分たちの行動が社会や環境にどのような影響を与え、誰もが暮らしやすい世界を目指すには、
何が重要なのかをゲームを通じて体験することができました。

「SDGsという言葉は何となく聞いたことがあったけど、今日参加して意味がわかった」という子どもや、
「SDGsを自分事として、どのように考え行動に変えていくのか、またそれを子どもたちに
どのように伝えるのか参考になった」との大人からの感想がありました。

吉原小学校放課後キッズクラブ/講師:日本気象予報士会、サニーエンジェルス

9月14日に吉原小学校で開催した講座では気象予報士の方に講師を務めていただきました。
温暖化の仕組みや、SDGsとはどういったもので私たちの生活にどのように関係しているのか、
映像やクイズを交えながら解説してもらいました。
雨雲レーダー等を用いて、9月上旬に港南区をはじめ横浜市内に大きな被害をもたらした集中豪雨の説明の他、
気象災害発生時に身の安全をどう守るかも教わりました。

環境や天気に関するクイズは皆さんに積極的に参加していただきました。
ペットボトルなど身の回りにあるものを使って、雲を作る実験をしました。
雲ができる度に歓声が起こり、とても盛り上がりました。

雲を作る実験の他にも、気圧や風速の実験を行いました。
参加した子どもからは「台風や雲のことが知れておもしろかった」、
大人からは『子どもに「どうして?」と理由を考えさせながら進行した点がよかった」、
「身近な話題や写真が多くとてもおもしろかった」といった感想をいただきました。

このページへのお問合せ

港南区区政推進課企画調整係

電話:045-847-8328

電話:045-847-8328

ファクス:045-841-7030

メールアドレス:kn-kikaku@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:226-880-856

先頭に戻る