このページの先頭です

感染症

最終更新日 2021年11月17日

※その他、感染症に関することは健康福祉局ホームページ(内部サイト)をご覧ください。


新型コロナウイルス感染症について

新型コロナウイルス感染症の診断を受けた方へのお願い

保健所による聞き取りについて

新型コロナウイルス感染症の診断を受けた方は、お住まいの区の福祉保健センターの職員が療養にあたって必要な情報の聞き取りを行います。


港南区にお住まいの方は事前に、下記の回答フォームに入力をお願いいたします。


Webフォームでの健康情報の聞取り(外部リンク)(外部サイト)


「自宅・宿泊療養のしおり」について

新型コロナウイルス感染症の診断を受けた方は 「自宅・療養のしおり(外部サイト)」をご一読ください。

 (non-Japanese guidebook for patients is here(外部サイト))

LINEの登録について

スマートフォンをお持ちの方は、療養中の健康管理はLINEを使用します。


必ず「神奈川県療養サポート(Line ID: @kanagawa_corona)への友だち登録をお願いします。登録方法等の詳細は、「自宅・宿泊療養のしおり」をご覧ください。


初期登録が完了すると1日1回、体調について回答をお願いするメッセージが届きます。(所要時間1分程度)


LINEを使用できない場合、1日1回電話による定期確認を行いますので、必ず応答してください。応答がない場合、安否確認のため警察等と直接訪問することもあります。

ご家族などのご同居の方へ

患者様の方と御同居されているご家族は、港南区福祉保健センターの職員による聞き取りの後に、濃厚接触者と判断することが多いです。

 (下記「新型コロナウイルス感染症患者との濃厚接触者の方へ」)をご参照ください。


ご家庭内での感染予防について、詳しくは、「ご家族に新型コロナウイルス感染が疑われる場合 ご家庭内でご注意いただきたいこと~8つのポイント~(外部サイト)」をご参照ください。


  1. 部屋を分けましょう。(個室にしましょう。ご本人は極力部屋から出ないようにしましょう。)
  2. 感染者のお世話はできるだけ限られた方で。(持病の方や妊婦の方が感染者のお世話をするのは避けてください。)
  3. マスクをつけましょう。
  4. こまめに手を洗いましょう。
  5. 定期的に換気をしましょう。
  6. 手で触れる共有部分を消毒しましょう。(トイレ・洗面所・ドアノブ等) タオルは共有しないようにしましょう。
  7. 汚れたリネン、衣服を取り扱う際には、手袋とマスクをつけ、一般的な家庭用洗剤で洗濯し、完全に乾かしましょう。
  8. ゴミは密閉して捨てましょう。

発災時(地震・風水害)の避難について

新型コロナウイルス感染症による自宅療養中に地震・風水害などの災害が発生したときは、自宅で安全が確保できる場合は自宅にとどまり、在宅での避難をお願いします。

 (在宅及び縁故避難が困難で、安全な避難先が確保できないと予想される場合は、港南福祉保健センター健康づくり係までお電話をお願いいたします。)


神奈川県における中和抗体療法の取組みについて

神奈川県内では、新型コロナウイルスに感染された患者さんのうち中和抗体療法の対象となる方へ、中和抗体療法をご案内できる体制を構築しています。

詳細は、神奈川県ホームページ「神奈川県における中和抗体療法の取組み」(外部サイト)をご確認ください。

新型コロナウイルス感染症患者との濃厚接触者の方へ

「濃厚接触者」に該当するかは、患者担当の保健所が積極的疫学調査を行った上で、港南区福祉保健センター(保健所)が周辺の環境や接触状況などから総合的に判断します。

(濃厚接触者の定義は、国立感染症研究所ホームページ内「積極的疫学調査実施要領」(外部サイト)をご参照ください。)


新型コロナウイルス感染症の陽性患者の方と接触があり、保健所から濃厚接触者として連絡が入っている方は、下記の内容をご案内いたします。


<健康観察期間について>

健康観察期間は、患者の感染可能期間内に患者と接触した最終日(最終接触日)を0日として翌日から14日間となります。
(例)最終接触日が9月1日の場合、健康観察終了日は9月15日となります。


PCR検査で結果が陰性でも、潜伏期間が14日間あるため、検査後に発症する可能性もあります。


そのため、陰性であっても、健康観察期間は変わりませんのでご注意ください。


<健康観察期間の過ごし方>

  • 不要不急の外出はできる限り控えてください。(通勤や通学、習い事などもお控えください)
  • 買い物に関しては極力宅配等を利用し、やむをえず外出する際は、マスクの着用と手指消毒などの感染予防策を必ず行い、すいている時間に済ませてください。
  • 公共交通機関を使用しないでください。(不特定多数が利用する電車やバス、タクシー、飛行機など)
  • 毎日、体温を測り、健康状態をご確認ください。
  • 急激に呼吸困難や高熱などの症状が出た場合は、救急搬送の要請をお願いいたします。その時にはご自身が濃厚接触者であることを伝えてください。

<検査受検について>

港南区にお住まいの方について、区内でご受検いただける行政検査をご案内します。検査結果が「陽性」の場合、療養生活について、港南区福祉保健センター健康づくり係(045-847-8438)からご連絡いたします。


区外にお住まいの方で症状がある方の検査受検については、感染症コールセンターもしくはお住まいの地域の保健所にお問い合わせください。


※参考  横浜市感染症コールセンター 045-550-5530(市内にお住まいの方)


<ご家族など身近でお過ごしになる方へ>

濃厚接触者の方は、出勤や登校等を控えていただく必要がありますが、そのご家族の方は、出勤や登校等を控える必要はありません。


ただし、濃厚接触者の方がその後のPCR検査等で陽性になった場合は、ご家族との接触状況によってはご家族が濃厚接触者となりますので、お気をつけてお過ごしください。


ご家庭内での感染予防について、詳しくは、「ご家族に新型コロナウイルス感染が疑われる場合 ご家庭内でご注意いただきたいこと~8つのポイント~(外部サイト)」をご参照ください。


①部屋を分けましょう。(個室にしましょう。ご本人は極力部屋から出ないようにしましょう。)

②感染者のお世話はできるだけ限られた方で。(持病の方や妊婦の方が感染者のお世話をするのは避けてください。)

③マスクをつけましょう。

④こまめに手を洗いましょう。

⑤定期的に換気をしましょう。

⑥手で触れる共有部分を消毒しましょう。(トイレ・洗面所・ドアノブ等)タオルは共有しないようにしましょう。

⑦汚れたリネン、衣服を取り扱う際には、手袋とマスクをつけ、一般的な家庭用洗剤で洗濯し、完全に乾かしましょう。

⑧ゴミは密閉して捨てましょう。


療養証明書の発行について

新型コロナウイルス感染症の診断を受けた方で、ご自宅または宿泊施設での療養を終えた方には、「宿泊・自宅療養証明書」を発行することができます。


ご自宅で療養された方>

横浜市健康福祉局への郵送申請が必要になります。詳細は、健康福祉局ホームページ(内部サイト)の「3 療養証明書の発行について)」をご確認ください。


宿泊施設で療養を終えられた方>

神奈川県への申請が必要になります。

神奈川県療養サポート窓口(電話)045-285-0598へお問い合わせください。

参考資料

新型コロナウイルス感染症の流行防止にお役立ていただければ幸いです。是非、日常生活や地域活動でご活用ください。


(1)「新しい生活様式」の実践例(PDF:352KB)

(2) 3つの密を避けるための手引き(PDF:1,288KB)

(3)新型コロナウイルス感染症 施設の消毒方法(PDF:325KB)

結核について

結核は過去の病気ではありません。年に一度は胸部エックス線検査を受け、2週間以上の長引く咳、微熱、痰などの症状が続く場合は、医療機関を受診しましょう。

詳しくは、健康福祉局ホームページ(内部サイト)をご覧ください。

腸管出血性大腸菌感染症(O-157など)について

腸管出血性大腸菌は、大腸菌のうち毒素を産生して出血を伴う腸炎や溶血性尿毒症症候群(HUS)を起こすものをいいます。O157のほか、O26やO111などが知られています。

頻回の水様便や激しい腹痛、著しい血便などの腸管出血性大腸菌感染症が疑われる症状があるときは、下痢止め等を服用せず早めに医療機関を受診しましょう。

詳しくは、健康福祉局ホームページ(内部サイト)をご覧ください。

感染性胃腸炎(ノロウイルスなど)について

感染性胃腸炎は、細菌・ウイルスなどによる下痢・嘔吐等の胃腸炎症状を起こす感染症の総称です。原因となる病原体の多くが、ノロウイルスですが、そのほかにもロタウイルスやサポウイルス、アデノウイルスなどがあります。

詳しくは、健康福祉局ホームページ(内部サイト)をご覧ください。

インフルエンザ(季節性インフルエンザ)について

インフルエンザウイルスの感染によって起こる急性の呼吸器感染症です。国内では、毎年冬に大きな流行があります。子どもや高齢者、免疫力が低下している人、心臓・じん臓・呼吸器などに持病がある人、妊娠をしている人では重症になることがあります。

詳しくは、健康福祉局ホームページ(内部サイト)をご覧ください。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページへのお問合せ

港南区福祉保健課健康づくり係

電話:045-847-8438

電話:045-847-8438

ファクス:045-846-5981

前のページに戻る

ページID:681-894-191

先頭に戻る