このページの先頭です

港北区税務課窓口サービス標準(平成22年1月18日実施)

税務課では、窓口サービスにおける区民満足度の向上を目指し、「港北区税務課窓口サービス標準」を策定、実施します。

最終更新日 2019年3月4日

横浜市区役所窓口基本理念(窓口サービス憲章)

横浜市区役所窓口基本理念(窓口サービス憲章)

《ありたい姿》
区民とともに暮らしを支える仕組みを健全に維持し、安心できる地域社会を作ります。
《私たちの使命》
区民のニーズに応え、区民が抱える問題の解決につなげるため、一人ひとりの状況やニーズを把握したうえで、区民の視点に立って説明・案内をすることが私たちの使命です。
《私たちが大切にすること》
区民の安心と信頼を得られる窓口をつくるため、次のことを大事にします。このことは、私たちが自信を持てる窓口サービスに繋がります。
  • 個人情報の保護を前提として、応対をはじめ日常業務や窓口の改善にあたります。
  • 制度に関する専門知識・説明力・接遇力を高めます。
  • 窓口環境を快適に保ちます。
  • 常に区民の声を聴き、改善に取り組みます。
  • チームワークの強い職場を作ります。

税務課での今までの取り組み

港北区税務課では平成19年度に税務課統合に合わせ、執務環境整備(主にハード部分)の環境整備を実施しました。平成20年度は、サインや掲示方法、ホームページの充実化等(主にソフトを中心に)、執務環境整備を行いました。そして平成21年度は担当ごとに業務マニュアルの作成・充実によりスキルアップに取り組んでいます。現金領収事務についても見直しを行い、改善案を策定し、平成21年5月から取り組んでいます。

税務課職員が目指す窓口サービス(窓口標準規格)

サービス提供のあり方

税務行政サービスは、適正・公平な税務を通じて、市民に理解され、信頼されるサービスの提供を目指します。

窓口応対

  • お客様に挨拶等積極的に声かけをし、親切丁寧な対応に努めます。(市民の理解を得られるよう、丁寧な説明を心がけます。)
  • 証明書をお渡しするときは、必ず「お待たせいたしました」と言ってからお渡しします。また、証明書は、必ず職員のダブルチェック後、お客様と一緒に確認し、お渡しします。
  • お客様の個人情報が、他のお客様に漏れないようにします。
  • 極力専門用語は避け、平易で分かりやすい説明を心がけます。
  • 細かい説明を行う必要がある場合は、パンフレットや冊子等を用い、お客様の理解に沿った説明を行います。
  • 個別相談や申告書受付は、極力お待たせしないように対応します。
  • 現金の取扱いは冷静かつ細心の注意をもって行います。

電話対応

  • 昼の時間であっても、呼び出しは3回以上お待たせしません。
  • 庁内情報の把握に努め、他課の内容でもよく聞いて、適切に案内します。

執務環境

  • カウンターや執務室内の清掃・整理整頓に努めます。
  • 机の書類の整理整頓に努め、個人情報を机上においたまま、退庁しません。
  • 市民への情報伝達手段(各種広報紙。掲示媒体等)の整備に努めます。

このページへのお問合せ

港北区総務部税務課

電話:045-540-2265

電話:045-540-2265

ファクス:045-540-2288

メールアドレス:ko-zeimu@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:225-327-788

先頭に戻る