このページの先頭です

Q理由があって納税をすることができません。どうしたらいいでしょう。

最終更新日 2019年1月9日

A

何らかの事情があって納付が困難な場合、納付方法等についてご相談ください。

なお、納税義務者が災害に遭ったり、病気にかかった場合又は事業を廃止・休止した場合で、納期限内に納税することができないと認められるときは、申請に基づいて原則として一定期間、納税を猶予する制度があります。
港北区役所の相談窓口は、収納担当(電話:045-540-2291~2294・2296~2303)です。

また、災害や生活保護の開始、会社都合による失職などの事情があり、要件に該当する場合は、市税の減免を受けられる場合があります。詳しくは、横浜市役所のページをご覧ください。
港北区役所の相談窓口は、市民税担当(電話:045-540-540-2264~2268)です。

回答担当:
税務課収納担当(3階33番)
電話:045-540-2291~2294・2296~2303
FAX:045-540-2295

このページへのお問合せ

港北区総務部税務課

電話:045-540-2265

電話:045-540-2265

ファクス:045-540-2288

メールアドレス:ko-zeimu@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:505-148-220

先頭に戻る