このページの先頭です

クルーズ旅客の横浜滞在・観光促進

最終更新日 2019年10月11日

「クルーズ・フレンドリー・プログラム」

 国内有数のクルーズ拠点である横浜港へ寄港するクルーズ船の数は年々増加し、多くの外国人クルーズ旅客が来訪しています。そこで横浜市では、外国船のクルーズ旅客や乗組員による市内の観光を促進し、観光消費につなげるため、新たに「クルーズ・フレンドリー」を開始しました。
 本プログラムは、クルーズ旅客に特有のニーズ(朝8時ぐらいから下船して観光、英語でのコミュニケーション、クレジットカード支払い等)や、乗組員のニーズ(短時間観光や日用品等の購入)に応えることで、クルーズ旅客等を横浜港周辺のエリア全体で歓迎し、横浜市内での滞在を気軽に楽しんでいただくことを目的としています。
 本プログラムに登録いただいた事業者様(主に観光施設や飲食店、物販店等を想定)には、上記のクルーズ旅客等のニーズに対応していただく他、商品のディスカウントなどのサービスを提供いただくことをお願いしています。また、横浜市は多くのお客様に本プログラムを利用していただけるよう、クルーズ旅客や乗組員に積極的に周知します。

ヴァール県商工会議所との「クルーズ・フレンドリー・プログラム」ライセンス契約締結について

令和元年10月11日(金)、クルーズ・フレンドリー・プログラムの開始にあたり、ヴァール県商工会議所会頭のジャック・ビアンキ氏及び欧州委員会プロヴァンス・アルプス・コートダジュール・リージョナル・カウンシルの副会長でありマルセイユ副市長のカロリヌ・ポズマンティエ氏をお迎えし、ライセンス契約締結式を行いました。

「クルーズ旅客等の市内回遊促進プログラム」の登録事業者の募集について(令和元年度の募集は終了しました。)

1.事業者向け説明会の実施:
 (1)日時
    令和元年8月20日(火曜日)13時半~14時半(第1回)/15時~16時(第2回)
   ※1回目、2回目とも同内容です。
 (2)場所
    関内駅前第2ビル6階 6G会議室(横浜市中区港町2丁目9番地)

2.募集期限:令和元年8月31日(土曜日)

3.募集数:約30事業者

4.参加費:不要

5.プログラム実施時期:令和元年10月11日~令和2年3月末まで

6.プログラム実施回数:約30~35回を予定

7.募集対象エリア:横浜港周辺の事業者

8.登録事業者にお願いすること(例):   
 ・笑顔でフレンドリーな接客  
 ・簡単な英語や翻訳アプリ等での接客対応      
 ・クレジットカードでの決済対応      
 ・クルーズ旅客や乗組員に対する割引や特典の提供      
 ・登録事業者の目印となるウェルカムフラッグの掲出      
 ・クルーズ船停泊時間に合わせた営業      

※本プログラムは、令和2年度も継続して実施する予定です。
※応募の状況等により、プログラムへの登録を見送らせていただくこともございますので、予めご了承ください。

9.問合せ:
  (1)説明会・プログラム登録申込先:
    横浜DMC(YDMS株式会社)(プログラム事務局受託業者)
    TEL:045-662-5568
    Eメール:info@yokohamadmc.com 
  (2)プログラムに関する問合せ:
    横浜市文化観光局観光振興課 海外誘客担当
    TEL: 045-671-4248
    Eメール: bk-kanko001@city.yokohama.jp

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページへのお問合せ

文化観光局観光MICE振興部観光振興課

電話:045-671-2596

電話:045-671-2596

ファクス:045-663-6540

メールアドレス:bk-kanko@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:642-739-130

先頭に戻る