このページの先頭です

横浜市映像配信支援プログラム検索サイト

横浜市では、コロナの影響で活動の休止や縮小を余儀なくされたアーティストが無観客公演などの映像をウェブ配信する取組を支援しています(横浜市映像配信支援プログラム)。配信された映像を検索・閲覧できるポータルサイトを立ち上げましたので、ぜひコロナ禍の中でも活動を続けているアーティストの映像をご覧ください。

最終更新日 2020年10月14日

YOKOHAMA SHOWCASE

【10月13日公開!】
様々なコンテンツが順次追加される予定です。
アーティストたちそれぞれの思いがこもった映像をご覧いただき、「ともに横浜の文化の灯をともし続けよう」という思いを共有していただきたいと思います。


横浜市映像配信支援プログラム 検索サイト
YOKOHAMA SHOWCASE(ヨコハマ ショーケース)(外部サイト)

横浜市映像配信支援プログラムについて

新型コロナウィルス感染拡大防止対策に伴う、横浜市の文化芸術緊急支援事業の一つです。
文化芸術を生業とし、活動自粛・休業要請等により、横浜市内の文化施設での公演・展示等が延期又は中止となってしまった方を対象に、横浜市内のライブハウス・ホール・劇場等の施設を使って、無観客公演など現時点の社会情勢に合った形で文化芸術企画を実施し、その映像をインターネット上で配信する取組に対して支援金を給付しました。

【申請期間終了しました】募集期間:令和2年6月15日から7月3日まで
申請件数:352件(選考委員会にて審査)
採択件数:209件

募集要項等詳細は「横浜市映像配信支援プログラム募集要項」(外部サイト)をご覧ください。

このページへのお問合せ

文化観光局文化芸術創造都市推進部文化振興課

電話:045-671-3714

電話:045-671-3714

ファクス:045-663-5606

メールアドレス:bk-bunka@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:821-243-038

先頭に戻る