このページの先頭です

横浜市文化基金について

※横浜市に対する個人の方の寄附は、「ふるさと納税」として税額控除の対象となります。

最終更新日 2020年6月11日

お知らせ

横浜市文化基金 ~ふるさと納税で美術作品を購入~

横浜市文化基金とは

横浜市のふるさと納税の1つ、横浜市文化基金は、美術館その他の文化施設の建設及び横浜美術館に収蔵する作品を購入するために昭和56年に設置されました。以来、今日まで、横浜市からの積立金のほか、市民の皆様、企業など多くの方々から多額の暖かい御寄附をいただいております。
文化基金により収集した美術作品は、セザンヌ「縞模様の服を着たセザンヌ夫人」やダリ「ガラの測地学的肖像」などこれまでに5,375点にのぼり、近年でも、奈良美智「春少女」を購入するなど、収集を続けています。
(令和2年3月31日現在、横浜美術館の美術作品の収集点数は、購入5,375点、寄贈7,177点の合計12,552点になります。)
これからも、このような横浜市民の貴重な財産を育んでいくため、なにとぞ皆様の御支援、御協力を賜りますよう、よろしくお願いいたします。

◆購入作品例

nara
奈良 美智 《春少女》

御寄附いただくと

 横浜市文化基金へ御寄附いただくと、寄附金額に応じて税制の控除を受けることができます。
 また、横浜市外にお住まいの方は、横浜市のふるさと納税の【共通返礼品】を選択いただき、その使い道を横浜市文化基金に指定いただくことが可能です(返礼品に応じた金額以上の寄附が必要です)。
 ※横浜美術館は、大規模改修のため令和3年3月から休館を予定しています。 そのため、令和2年11月から専用返礼品である「横浜美術館展覧会引換券」の交付を休止しています。

寄附・寄贈者リスト  法人・団体 個人(PDF:210KB)

※令和元年6⽉1⽇より横浜市内にお住まいの⽅への返礼品の送付を中止します。

地⽅税法が改正され、「ふるさと納税制度」の運⽤が⼀部変更されます。
2019年6⽉1⽇より、横浜市内にお住まいの⽅からの本市への寄附については、返礼品(「横浜美術館展覧会引換券」及び全寄附メニュー共通返礼品)を送付いたしません。

横浜美術館展覧会引換券の有効期限について

 横浜美術館は大規模改修に伴い令和3年3月から休館となります。お手持ちの横浜美術館展覧会引換券については、有効期限内に御利用ください。

お申し込み方法

令和2年(2020年)分の寄附として税額控除申告を行う場合の申込期限については、下記ページを御確認ください。

クレジットカード等でお支払いの場合

クレジットカード等でお⽀払いの場合は、下記ふるさと納税ポータルサイト「ふるさとチョイス」のページからお申し込みください。
※郵送でのお申込みは、受け付けておりません。
【横浜市外にお住まいの方 ※下記①か②のいずれかの方法によりお申込みください】
 ①「ふるさとチョイス(横浜市)(外部サイト)」の【共通返礼品】の中から「お礼の品」を選択いただき、「使い道」画面で「12.美術品の収集に協力したい!(横浜市文化基金)」をお選びください。後日、お選びいただいた【共通返礼品】を返礼品としてお送りします。
 ②「ふるさとチョイス(横浜市)(外部サイト)」の『「お礼の品不要」の寄附をする』から、任意の金額を設定し、「使い道」画⾯で「12.美術品の収集に協⼒したい︕(横浜市⽂化基⾦)」をお選びいただくことも可能です。この場合、返礼品のお届けはございません。
【横浜市内にお住まいの方】
 「 ふるさとチョイス(横浜市)(外部サイト)」の『「お礼の品不要」の寄附をする』からお申込みください。
 ※地方自治法の改正により、横浜市内にお住まいの方及び法人・団体等からご寄附をいただいた場合でも、返礼品等は送付いたしません。
ふるさとチョイス(横浜市)(外部サイト)

⾦融機関で納付書払いの場合

以下の「寄附申込書」に必要事項をご記入の上、郵送またはEメールにて、以下送付先にお送りください。
寄附のお申込みを確認次第、納付書を送付します。
所定の金融機関(銀行、ゆうちょ銀行等)で手続きをお願いします。
※「寄附申込書」は下記よりダウンロードしてください。(「個人用」、「法人・団体等用」で分かれています。)
<個人用>

【送付先】
送付先:〒231-0005 横浜市中区本町6-50-10
横浜市 文化観光局 文化芸術創造都市振興部 文化振興課
Eメール: bk-bunkashisetu@city.yokohama.jp

寄附金の控除

(個人の方の場合)
 文化基金への寄附金については、寄附金額から2千円を差し引いた残りの金額について、個人住民税所得割額の概ね2割を限度として、所得税と合わせて当該金額相当額を控除することができます。(確定申告又はワンストップ特例の申請が必要です。)
※ふるさと納税について、詳しくは こちらをご覧ください。
 
(法人の方の場合)
 法人税法上、全額を損金に算入することができます。

条例・規則

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページへのお問合せ

文化観光局文化芸術創造都市推進部文化振興課

電話:045-671-3714

電話:045-671-3714

ファクス:045-663-5606

メールアドレス:bk-bunka@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:606-777-883

先頭に戻る