このページの先頭です

横浜美術館大規模改修事業 ~皆様のご意見をお寄せください~

最終更新日 2019年12月2日

横浜市では、横浜美術館大規模改修事業の着手に向け検討を進めています。今回、横浜美術館大規模改修事業のおおむねの計画がまとまりましたので、横浜市公共事業評価制度に基づき、市民の皆様のご意見を募集します。事前評価調書(案)をご覧のうえ、ご意見をお寄せください。

市民意見募集の実施について

募集期間

令和元年12月2日(月曜日)から令和2年1月6日(月曜日)まで

提出方法

ご意見送信フォームに記入の上、郵送・ファックス・電子メール・直接持参のいずれかの方法で提出してください。
・郵送:〒231-0017横浜市中区尾上町1丁目8番地 関内新井ビルディング6階 横浜市文化観光局文化振興課あて
・ファックス:045-663-5606 横浜市文化観光局文化振興課あて
・電子メール:bk-bunka@city.yokohama.jp 横浜市文化観光局文化振興課あて
・直接持参:横浜市中区尾上町1丁目8番地 関内新井ビルディング6階 横浜市文化観光局文化振興課

事前評価調書(案)・ご意見送信フォームのダウンロード

事前評価調書(案)の配布場所

・西区役所 区政推進課 広報相談係
・市民情報センター(市庁舎1階)
・文化観光局 文化振興課

ご意見をお寄せいただくにあたって

・ご意見は、本市にお住まいの方、本市へ通勤・通学されている方及び本市に事務所又は事業所をお持ちの方を対象とさせていただきます。
・お寄せいただいたご意見は、概要をとりまとめ、このホームページ上で、「ご意見に対する本市の考え方」とあわせて公表する予定です。個別の回答はいたしかねますのでご了承ください。
・いただいたご意見は、個人情報を除き、公開される場合があります。
・ご意見の提出に伴い取得したメールアドレス、ファックス番号等の個人情報は「横浜市個人情報の保護に関する条例」に従い適正に管理します。

横浜市公共事業評価について

公共事業評価の目的

公共事業評価は、横浜市が実施する公共事業に関し、事業着手前から完了後までの各段階において、事業の必要性や効果等を客観的に評価し、公表することにより、公共事業における効率性及び実施過程の透明性の向上を図ることを目的に実施しています。

事業評価の流れ

1.市は、事業の必要性、効果及び環境への配慮等の視点から、事前評価調書(案)を作成します。
2.作成した事前評価調書(案)をホームページ等で公表し、市民の皆様からの意見を募集します。あわせて、学識経験者で構成される横浜市公共事業評価委員会に意見を求めます。
3.市は、市民の皆様からの意見に対する見解と、委員会から出された意見具申に対する対応をまとめるとともに、事前評価調書を確定し、事前評価の結果として公表します。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページへのお問合せ

文化観光局文化芸術創造都市推進部文化振興課

電話:045-671-3714

電話:045-671-3714

ファクス:045-663-5606

メールアドレス:bk-bunka@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:418-204-780

先頭に戻る