このページの先頭です

第22回称名寺薪能(令和元年5月3日)【終了しました】

第22回称名寺薪能は無事終了いたしました。多くの方にご来場いただき、ありがとうございました。

最終更新日 2019年5月20日

※薪能当日、「横浜気仙沼支援隊」による東日本大震災に対する支援が行われました。
会場で販売した「気仙沼ふかひれ濃縮スープ」等の売り上げの一部を被災地への支援金としています。
皆様からお預かりした支援金について報告いたします。
【東日本大震災に対する支援】17,800円

会場

金沢区・称名寺特設能舞台(金沢区金沢町212-1)
京急金沢文庫駅徒歩12分。バス(文3)柴町行き「称名寺」バス停下車すぐ
金沢シーサイドライン海の公園柴口駅・南口駅下車徒歩12分
※雨天時は金沢公会堂(金沢区泥亀2丁目9番1号金沢区役所隣接)

演目・出演

〇連吟「放下僧(ほうかそう)」・「六浦(むつら)」
地元で謡曲を学ぶ子どもたちが参加します。
※「放下僧」「六浦」はともに金沢区ゆかりの能の演目です。

〇火入れ式
※薪の点火など

〇狂言「佐渡狐(さどぎつね)」
野村萬斎(のむらまんさい)狂言方和泉流、重要無形文化財総合指定保持者ほか
※狐を知らない佐渡の百姓があの手この手でまごつきながらも言い張る愉快な狂言

〇能「竹生島(ちくぶしま)」
櫻間右陣(さくらまうじん)シテ方金春流、重要無形文化財総合指定保持者ほか
※湖水と緑も爽やかに平和を願う神話を描く能

入場料

前売券(全席指定)S席5,500円、A席5,000円
当日券(全席自由)5,000円(晴天時のみ販売。下記、当日券の項目を参照)

前売券

1.区役所での販売(平成31年3月16日(土曜日)~17日(日曜日)8時45分~16時)
区庁舎1階1号会議室(金沢区総合庁舎南東角)1人6枚まで
2.チケットぴあ(3月16日(土曜日)10時~)
Pコード:492-219☎:0570-02-9999
3.ふみくらの仲間たち「称名寺薪能」実行委員会(主催者)(3月18日(月曜日)以降)
※チケット販売専用電話:☎080-5186-4407または☎080-5190-9559

当日券

当日16時から称名寺仁王門前で販売します。
詳しくは、☎080-5186-4407または☎080-5190-9559
(雨天時の金沢公会堂開催の場合は販売しません。)

その他

・当日は薪能開催のため、時間により称名寺境内の一部入場制限を行いますので、ご協力をお願いいたします。
・雨天時の場合、金沢公会堂で2回に分けて上演します。(前売券をお持ちの方のみ入場できます。)
第1部開演/17時30分・第2部開演/19時30分

主催:ふみくらの仲間たち「称名寺薪能」実行委員会、共催:金沢区役所
問合せ:ふみくらの仲間たち「称名寺薪能」実行委員会☎080-5186-4407、☎080-5190-9559

称名寺薪能関連行事

『薪能協力講座』
・「演題」:能「竹生島」と狂言「佐渡狐」のたのしみかた
・「日時」:平成31年4月20日(土曜日)13時30分~15時
・「会場」:県立金沢文庫
・「講師」:県立金沢文庫学芸員、貫井裕恵氏
・「参加料」:無料(ただし、当日観覧券をお求めください。第22回称名寺薪能チケットをお持ちの方ならびに金沢区民の方は団体料金が適用されます。)
・「申込方法」:往復はがき(1人1枚)に、薪能協力講座希望、住所、氏名、電話番号を記載の上、県立金沢文庫(〒236-0015横浜市金沢区金沢町142)まで郵送か、県立金沢文庫ホームページ「講座申込フォーム」にて。
いずれも4月7日(日曜日)(必着)
・「定員」:100名(応募多数の場合は抽選)
問合せ:神奈川県立金沢文庫☎:045-701ー9069FAX:045-788-1060

『事前講座(ふみくらの仲間たち称名寺薪能」実行委員会』
・「演題」:第22回「称名寺薪能」事前講座
・「日時」:平成31年4月6日(土曜日)10時~11時30分
・「会場」:金沢公会堂多目的室(区庁舎2階)
・「講師」:櫻間右陣師
・「前売券・当日券」前売券・当日券ともに500円(先着100名)上記薪能チケット前売券と同時に販売
問合せ:ふみくらの仲間たち「称名寺薪能」実行委員会
☎:080-5186-4407または☎:080-5190-9559

このページへのお問合せ

金沢区総務部地域振興課

電話:045-788-7806

電話:045-788-7806

ファクス:045-788-1937

メールアドレス:kz-chishin@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:645-606-477

先頭に戻る