このページの先頭です

金沢区歴史伝承事業(海水からの塩づくり体験&塩の道を歩く)

最終更新日 2022年7月20日

海水からの塩づくり体験&塩の道を歩く

令和4年度 海水からの塩づくり体験&塩の道を歩く 参加者募集!

金沢区では、鎌倉時代から塩づくりが盛んに行われていました。そんな金沢区の文化や歴史を体験し、もっと金沢区を好きになってもらうため、塩づくりに関連する2つのイベントを開催します!思い出作りにぜひご参加ください!

第1回 海水からの塩づくり体験

昔の「揚げ浜式」で、海水から塩を作ります。広大な海の前で、昔の金沢区の人たちに思いを馳せながら、一緒に塩を作りましょう!!

砂浜で塩づくりをしている様子です。

  • 日時:令和4年10月2日(日曜日)9時15分から12時30分まで ※雨天の場合10月9日(日曜日)に延期
  • 会場:海の公園砂浜(バーベキュー場側) シーサイドライン「海の公園南口」駅下車
  • 対象:金沢区在住、在学の小・中学生
  • 定員:25人(抽選)
  • 参加料:無料
  • 持ち物:飲み物、タオル、帽子、マスク

第2回 塩の道を歩く 

その昔、金沢区で作った塩は朝夷奈切通(あさいなきりどおし)という峠道を通って鎌倉まで運ばれていました。道の途中には光触寺(こうそくじ)というお寺があり、そこにいらっしゃるお地蔵さまに塩をお供えし、帰り道に立ち寄るとその塩が無くなっていたと言われています。当時の人は、お地蔵さまが塩をなめたのではないかと考え、それ以降光触寺のお地蔵さまは「塩嘗地蔵(しおなめじぞう)」と呼ばれるようになったとか…。
歴史ある塩の道を一緒に歩いてみませんか?

切通を歩いている様子です。

  • 日時:令和4年10月23日(日曜日)9時から13時まで ※雨天の場合は中止
  • コース:金沢区役所(集合)~金沢八景駅~(バス)~朝夷奈切通(あさいなきりどおし)~鎌倉「光触寺(こうそくじ)」(塩嘗地蔵(しおなめじぞう))~十二所神社(じゅうにそじんじゃ)(現地解散)
  • 対象:金沢区在住、在学の小・中学生
  • 定員:25人(抽選)
  • 参加料:無料(バス代は各自負担)
  • 持ち物:飲み物、タオル、帽子、マスク、昼食

申込方法

  • 申込期間:令和4年9月1日(木曜日)9時から9月21日(水曜日)9時まで
  • 申込方法:下記申込フォーム(電子申請サービス)より申込、またはEメール(kz-bunka@city.yokohama.jp)に住所、氏名(ふりがな)、電話番号、学年、保護者氏名(小学生のみ保護者同伴必須)、参加回を記入して送信。 
  • 抽選結果:9月26日(月曜日)までに申込者全員にEメールでお知らせいたします。

申込フォーム

9月1日に申込開始です。申込開始の直前に公開予定です。

塩づくり体験、塩の道を歩くのチラシです。

PDF形式のファイルを開くには、別途PDFリーダーが必要な場合があります。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページへのお問合せ

金沢区総務部地域振興課

電話:045-788-7805

電話:045-788-7805

ファクス:045-788-1937

メールアドレス:kz-bunka@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:870-150-182

先頭に戻る