このページの先頭です

海苔づくり教室(平成31年2月17日)【終了しました】

最終更新日 2020年4月24日

海苔づくり教室

前回実施した乾海苔づくり教室の風景
乾海苔づくり教室の風景

昭和50年頃までは、金沢の海の富岡から野島までの海岸は、海苔(のり)を「大量に生産する養殖場(ようしょくじょう)」でした。
この海苔も海岸線の埋(う)め立てが始まると養殖生産ができなくなりました。
その後、約20年前から、野島の北側の海岸で海苔の生産が再開され始め、金沢産の海苔が復活しました。
この金沢産の生(なま)海苔を原料として、昔の方法で乾し海苔づくりを計画しました。
参加ご希望の方は、下記の方法でお申し込みください。


募集要項
日 時平成31年2月17日(日曜日)午前10時から午後3時頃まで。
集合:午前9時45分
当日雨天のときは、2月23日(土曜日)に順延します。
場 所野島青少年研修センター、野島公園
対象・募集人員(1)金沢区内在住・在学の小・中学生及び保護者/50人先着(小学1~3年生は保護者同伴)
(2)金沢区在住・在勤の人(高校生以上)/20人先着
参加費無料 (昼食時には参加者に温かい味噌汁をご用意します。)
持ち物昼食弁当、飲物、タオル、スリッパ(内履き)、筆記用具
申 込往復はがきまたはeメールに『海苔づくり教室』と書いて、
住所、氏名(ふりがな)、電話番号、学年、保護者氏名、保護者参加の有無(小学1~3年生の参加の場合)
を記入のうえお申込みください。
問合せ区民活動支援担当
電話 045-788-7804 FAX 045-788-1937
eメール kz-bunka@city.yokohama.jp

主催:金沢区役所 企画・運営:海苔づくり実行委員会

共催:公益財団法人 横浜市緑の協会 野島公園事業所

協力(順不同):NPO法人 横浜金沢文化協会、NPO法人 横濱金澤シティガイド協会、金澤八景の自然と史跡を守る会、ガールスカウト神奈川県第53団、横浜金沢観光協会

生海苔を太陽光で自然乾燥する小柴の風景
生海苔を太陽光で自然乾燥する小柴の風景。小柴の段丘はこの風景が風物詩だった。(昭和30年代)

このページへのお問合せ

金沢区総務部地域振興課

電話:045-788-7801

電話:045-788-7801

ファクス:045-788-1937

メールアドレス:kz-chishin@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:129-771-643

先頭に戻る