このページの先頭です

新型コロナウイルス感染症の診断を受けた方及び関係者の方へ

最終更新日 2021年7月29日

保健師による聞き取り

新型コロナウイルス感染症の診断を受けた方のうち、軽症の方は自宅・宿泊施設療養の可能性があります。そのため、保健師より療養にあたって必要な情報の聞き取りをさせていただきます。事前にアンケートフォームにより回答をお願いします。
療養に関する情報は神奈川県のホームページからご覧ください。

●事前聞き取り用アンケートフォーム●
【PC】(外部サイト)
【スマートフォン】(外部サイト)

新型コロナウイルス感染症の患者等の方の横浜市長選挙における投票について

特例郵便等投票について


新型コロナウイルス感染症で宿泊・自宅療養等をしている方で、一定の要件に該当する方は、令和3年6月23日以後にその期日を公示又は告示される選挙から「特例郵便等投票」ができるようになりました。
詳しくは横浜市長選挙のページ(外部サイト)をご覧ください。

宿泊・自宅療養証明書について

※令和3年2月22日より、「宿泊・⾃宅療養証明書」の申請方法は郵送のみとなります(申請先は横浜市役所 健康福祉局健康安全課)。あらかじめ、ご了承ください。詳細については、2月22日以降に更新予定の横浜市ホームページ「【新型コロナウイルス感染症】検査で陽性診断を受けた方へのご案内」をご覧ください。

新型コロナウイルス感染症の診断を受け、⾃宅または宿泊施設での療養を終えた⽅には、
「宿泊・⾃宅療養証明書」を発⾏することができます。
詳細は横浜市ホームページ【新型コロナウイルス感染症】検査で陽性診断を受けた⽅へのご案内(https://www.city.yokohama.lg.jp/kurashi/kenko-iryo/yobosesshu/kansensho/coronavirus/d.html
 )をご確認ください。

地震・風水害などの発災時の避難について

新型コロナウイルス感染症による自宅療養中に地震・風水害などの災害が発生したときは、自宅で安全が確保できる場合は自宅にとどまり、在宅での避難をお願いします。
在宅及び縁故避難が困難で、安全な避難先が確保できないと予想される場合は、金沢福祉保健センター健康づくり係までご相談ください。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページへのお問合せ

金沢福祉保健センター福祉保健課健康づくり係感染症担当

電話:045-788-7840

電話:045-788-7840

ファクス:045-784-4600

メールアドレス:kz-kansen@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:167-599-664

先頭に戻る