このページの先頭です

第1期地域福祉保健計画書(別冊)

最終更新日 2019年3月15日

金沢区地域福祉保健計画【別冊】

1道しるべ(地区行動指針)

各地区の道しるべ(地区行動指針)は、区内14の地区で地域の住民、地域ケアプラザの職員などの福祉保健関係者が、自らの地域のこと、”こうなったらいいな”という将来像について話し合い、それを実現するために目標を定め、目標を達成する取り組みのアイデア等をまとめたものです。
それぞれの地域の良さを尊重し、より住みやすい地域を目指すために、地区懇談会に参加された皆さんによって取り組めた目標です。
地区懇談会は平成16年10月から平成17年3月の間に合計41回開催され、延べ1,205人の方が参加されました。参加された方々一人ひとりの意見を大切に、地域住民が主体となって「道しるべ」が作り上げられました。
《各地区の道しるべ》

2手作り計画(団体行動指針)

手作り計画は金沢区の福祉保健関係団体、在住在勤の学生や個人が考える金沢区や自分の地域の将来について、それを実現するための計画として募集したものです。
今回の策定にあたって金沢区社会福祉協議会の当事者団体部会とボランティア部会の二つの団体から手作り計画が提案されました。部会員が集まりワークショップ形式で金沢区の望まれる将来像、それを実現するための目標にについて検討し、目標達成のためのアイデアと住民、福祉保健団体、行政などの役割について話し合って団体が独自に考えた計画です。
《各団体手づくり計画》

3分科会報告

平成16年度に「健康・保健」、「支えあい・助け合い」、「情報・相談」の三つの分野でそれぞれ分科会を設け、テーマごとに金沢区の望まれる将来像について話し合い、将来像を実現するために住民、福祉保健関係団体、事業者、行政がどの様なことに、どのような役割を持って取り組むべきかについて集中的に話し合いました。
《各分科会報告》

4区民アンケート調査結果報告書

このページへのお問合せ

金沢区役所福祉保健課事業企画担当

電話:045-788-7824

電話:045-788-7824

ファクス:045-784-4600

メールアドレス:kz-fukuho@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:908-049-901

先頭に戻る