このページの先頭です

在住外国人に対する災害対策

最終更新日 2018年11月1日

災害時の被害を最小限にするためには、予備知識を得ていること、また、迅速に正確な情報を得ることが大切です。しかし、日本に在住している外国人は日本語によるコミュニケーションが十分にできないことが多いため、情報弱者となりがちです。金沢区では外国人を災害時要援護者として位置づけ、災害時に備え、つぎのような取り組みを行っています。

多言語による情報提供

●金沢区の避難所リスト、危機管理対策マニュアルなどをホームページで紹介しています。http://www.city.yokohama.lg.jp/kanazawa/foreign-residents/
●金沢区外国語マップでは、地域防災拠点、広域避難場所、緊急時の連絡先リストなどを多言語で表示しています。 金沢区区民生活マップ
●金沢国際交流ラウンジのホームページでは、東日本大震災発生時に「地震お役立ち情報」として多言語による震災関連情報のリストを掲載しています。
「地震お役立ち情報」(外部サイト)

防災訓練

●在住外国人と支援ボランティアのための防災訓練平成23年2月22日、金沢国際交流ラウンジの日本語教室で、地震と火災を想定した防災訓練をしました。東日本大震災の前に実施したことで、結果的に、必要なタイミングで在住外国人の皆さまに地震に対する心構えをしていただくことができました。今後も、継続的にこのような取り組みを続けていきます。

防災訓練の様子(PDF:3,116KB)

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページへのお問合せ

金沢区総務部地域振興課

電話:045-788-7801

電話:045-788-7801

ファクス:045-788-1937

メールアドレス:kz-chishin@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:110-955-054

先頭に戻る