このページの先頭です

区長瓦版 平成28年1月 (区長からのメッセージ)

最終更新日 2018年11月28日

あけましておめでとうございます

区民の皆様が、健やかに新年を迎えられましたことを、心からお慶び申し上げます。
今年は「申(さる)年」です。この「申」という字は、樹木の果実が熟して固まっていく様子を表したものと言われております。皆様が地域のために常日頃からご尽力いただいている様々な取組が実を結び熟していくよう、区役所職員一丸となって取り組んでまいります。
今年は、4つの視点を意識して区政運営に取り組みたいと考えています。
まず、1つ目は、自助・共助による防災・減災の更なる取組です。
防災・減災を「自らのことと捉え行動に移す」ことを多くの区民の皆様に実践していただくために、自助・共助の取組を引き続き推進していきます。家具転倒防止などの自助の取組とともに、町の防災組織の活動充実など、共助の取組を進めてまいります。また、中学生、高校生の防災意識を高めるなど、様々な世代に対し啓発を進めていきたいと考えております。
2つ目は健康寿命の延伸です。ライフステージに応じた様々な健康づくりの取組を進めたいと思います。特に認知症予防・介護予防に加え、企業と連携した健康づくりなど、「予防」という視点を意識した取組を進めてまいります。
3つ目は、地域活動の裾野を広げることです。多くの地域で、自治会役員などの活動の担い手の育成が課題となっています。昨年の11月にスタートしました「神奈川区地域づくり大学校」を効果的に運用するなど、地域活動の裾野を広げるための取組を進めてまいります。
4つ目は地域の皆様との協働の取組の推進です。
区役所は、一番身近な行政機関として区民の皆様の暮らしに係わる仕事をさせていただております。正確で迅速・丁寧なサービスの提供をさらに心掛けるとともに、防災・防犯、高齢者福祉、子育て支援など身近な地域の課題を解決するために、地域の皆様と一緒に考え汗を流す協働の取組を進めていきたいと思います。特に、平成28年度から始まります第3期の神奈川区地域福祉保健計画を地域の皆様との協働により地域福祉の向上に取り組んでまいります。そのために地区担当制度をより地域の皆様に浸透させるなど、行政の縦割りを排除して地域の皆様に寄り添う区役所づくりを進めてまいります。
以上の視点を踏まえ、神奈川区の区政運営の基本目標であります「つながり」「安心」「温かさ」を区民の皆様の誰もが実感し、住んで良かったと思える「神奈川区」を目指して取り組んでまいりますので、どうぞ皆様の更なるお力添えをお願い申し上げます。
結びになりますが、本年が皆様にとって、実り多き1年となりますよう、皆様の御健勝、御多幸を心から祈念いたしまして、新年の挨拶とさせていただきます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

平成28年1月
神奈川区長 二宮 智美

このページへのお問合せ

神奈川区総務部区政推進課

電話:045-411-7021

電話:045-411-7021

ファクス:045-314-8890

メールアドレス:kg-kusei@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:682-215-920

先頭に戻る