このページの先頭です

新型コロナウイルス感染症が疑われる場合

新型コロナウイルス感染症への感染を疑う症状がある場合などは、次の内容を参考にまずは「かかりつけ医」にご相談ください。

最終更新日 2021年5月10日

相談の目安

次のいずれかに該当する場合はすぐにご相談ください。

  • 息苦しさ(呼吸困難)、強いだるさ(倦怠感)、高熱等の強い症状のいずれかがある場合
  • 重症化しやすい方で、発熱や咳などの比較的軽い風邪の症状がある場合
    • 重症化しやすい方とは、高齢者、糖尿病、心不全、呼吸器疾患(COPD等)等の基礎疾患がある方や透析を受けている方、免疫抑制剤や抗がん剤等を用いている方です
  • 上記以外の方で発熱や咳など比較的軽い風邪の症状が続く場合
    • 症状が4日以上続く場合は必ずご相談ください
    • 症状には個人差がありますので、強い症状と思う場合にはすぐに相談してください
    • 解熱剤などを飲み続けなければならない方も同様です

相談するところ

まずは身近な診療所等の「かかりつけ医」にご相談ください。
かかりつけ医がいない、または、かかりつけ医で受診できない等、受診する医療機関がわからない場合は、状況に応じて横浜市新型コロナウイルス感染症コールセンターにご相談ください。

横浜市新型コロナウイルス感染症コールセンター(帰国者・接触者相談センター)の情報
対象

倦怠感、味覚障害、嗅覚障害など、発熱・咽頭痛・咳以外の症状がある方で受診を希望される方のご相談
「感染症の症状が知りたい」等の新型コロナウイルス感染症に関する一般のご相談

電話番号045-550-5530
受付時間24時間受付(土曜日、日曜日、祝日含む)

新型コロナウイルス感染症に関する相談窓口については、下記リンク先のページに詳細が記載されています。併せてご覧ください。

家庭内に新型コロナウイルスの感染が疑われる人がいる場合

新型コロナウイルスの感染が疑われる人がいる場合の家庭内での注意事項について、日本環境感染学会のとりまとめにより次の8点あります。

  • 感染者と他の同居者の部屋を可能な限り分ける
  • 感染者の世話をする人は、できるだけ限られた方(一人が望ましい)にする
  • できるだけ全員がマスクを使用する
  • 小まめにうがい・手洗いをする
  • 日中はできるだけ換気をする。
  • 取っ手、ノブなどの共用する部分を消毒する
  • 汚れたリネン、衣服を洗濯する
  • ゴミは密閉して捨てる

詳しくは下記リンクから厚生労働省のページをご参照ください。

このページへのお問合せ

神奈川区福祉保健センター福祉保健課健康づくり係

電話:045-411-7138

電話:045-411-7138

ファクス:045-316-7877

前のページに戻る

ページID:914-715-410

先頭に戻る