このページの先頭です

新型コロナウイルス感染症患者との濃厚接触者について

最終更新日 2022年7月22日

濃厚接触者とは?

「濃厚接触者」については、国立感染症研究所「積極的疫学調査実施要領」において次のように定義しています。

  • 患者の感染可能期間内に、次のような接触があった方のことをいいます。
    • 患者(確定例)と同居あるいは長時間の接触(車内、航空機内等を含む)があった者
    • 適切な感染防護無しに患者(確定例)を診察、看護若しくは介護していた者
    • 患者(確定例)の気道分泌液もしくは体液等の汚染物質に直接触れた可能性が高い者
    • 手で触れることの出来る距離(目安として1メートル)で、必要な感染予防策なしで、「患者(確定例)」と15分以上の接触があった者(周辺の環境や接触の状況等個々の状況から患者の感染性を総合的に判断する)
  • 感染可能期間は次のとおりです。
    • 発症日の2日前から新型コロナウイルス感染症の診断を受けた後に隔離などをされるまでの期間
    • 無症状の方は検体採取日の2日前から新型コロナウイルス感染症の診断を受けた後に隔離などをされるまでの期間

濃厚接触者の方へ

新型コロナウイルス感染症の陽性患者の方と接触があった日を0日として翌日から5日間の外出の自粛(自宅待機)と7日間の健康観察をお願いしています。

待機期間について

  • 待機期間は、患者の感染可能期間内に患者と接触した日を0日として5日目までとなります。

(例) 最終接触日が1月1日の場合、待期期間終了日は5日目の1月6日となります。

  • 同居家族の場合は、陽性者の発症日(無症状(無症状病原体保有者)の場合は検体採取日)又は、日常生活を送る上で可能な範囲での、マスクの着用、手洗い・手指消毒の実施など、住居内で感染対策を講じた日のいずれか遅い方を0日目として、5日間(6日目解除)となります。ただし、同居の陽性者が診断時点で無症状病原体保有者であり、その後発症した場合は、その発症日を0日目として起算します。
  • 2日目及び3日目の抗原定性検査キットを用いた検査(※)で陰性を確認した場合は、社会機能維持者であるか否かに関わらず、3日目から解除が可能です。

 ※抗原定性検査キットは自費検査とし、薬事承認されたものを必ず用いること。
 ただし、7日間が経過するまでは、検温など健康状態の確認をしてください。また、高齢者や基礎疾患を有する者等感染した場合に重症化リスクの高い方との接触や、感染リスクの高い場所の利用や会食を避け、マスクを着用すること等の感染対策をしてください。
検査結果が陰性であってもその後に発症する可能性があるため、待機期間の終了日までは、引き続き自宅待機をお願いいたします。

参考(厚生労働省事務連絡(令和4年7月22日一部改正))

  • 濃厚接触者の待機期間は5日間となりました。(上記事務連絡参照)
  • 待機期間を短縮する場合の取り扱い、費用負担、通勤方法等については上記資料の対象者別項目「b.具体的な取り扱い」をご参照ください。

待機期間終了日までの過ごし方

次のとおり、毎日健康状態を確認のうえ、外出自粛をお願いします。

  • 毎日、体温を測り、健康状態をご確認ください。
  • 不要不急の外出はできる限り控えてください。(通勤や通学もお控えください)
  • やむをえず外出する際は、マスクの着用と手指消毒などの感染予防策を必ず行ってください。
  • 公共交通機関を使用しないでください。(不特定多数が利用する電車やバス、タクシー、飛行機など)

症状が出た場合

発熱等の症状が確認された場合は、かかりつけ医にご相談ください。
かかりつけ医がいないまたは受診ができない場合は、横浜市新型コロナウイルス感染症コールセンター(電話 045-550-5530 24時間対応・土、日、祝日を含む)にて検査可能な病院の紹介を受けていただくか、以下のページから、受診可能な病院の一覧をご確認いただき、お問合せをお願いいたします。
新型コロナウイルス感染症に関する相談窓口について(コールセンター)

ご注意

急激に呼吸困難や高熱などの症状が出た場合は、救急搬送の要請をお願いいたします。

PCR検査

濃厚接触者の方は、健康観察期間内であれば、行政検査を受けることができます。
最寄の医療機関へご相談ください。

PCR検査が「陽性」の場合

下記のページをご確認ください。

PCR検査が「陰性」の場合

ご自身で健康観察を行い、外出は食料の調達など必要最低限に自粛をお願いいたします。
待機期間は陽性患者との最終接触日から5日間です。

地震・風水害などの発災時の避難について

新型コロナウイルス感染症による自宅療養中に地震・風水害などの災害が発生したときは、自宅で安全が確保できる場合は自宅にとどまり、在宅での避難をお願いします。
在宅及び縁故避難が困難で、安全な避難先が確保できないと予想される場合は、神奈川区福祉保健センター健康づくり係までご相談ください。

PDF形式のファイルを開くには、別途PDFリーダーが必要な場合があります。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページへのお問合せ

神奈川区福祉保健センター福祉保健課健康づくり係

電話:045-411-7138

電話:045-411-7138

ファクス:045-316-7877

前のページに戻る

ページID:821-995-128

先頭に戻る