このページの先頭です

横根の感念井戸

最終更新日 2020年7月22日

泉区に伝わる昔ばなし

むかし、木曾義仲の夫人、巴御前は女武者として義仲とともに勇名をはせていました。

しかし、寿永3年(1184)に近江で義仲が敗れると捕われの身となり、和田義盛に引き取られて、義盛の本拠地三浦で暮らすことになりました。

そして建歴3年(1213)の合戦で義盛も敗れ、巴御前は木曾へと落ち延びていきました。

途中、横根稲荷神社で一夜を過ごした巴御前は、境内にある鎌倉石と七沢石で囲われた古井戸の水を化粧の水として使ったと言われています。

その後、この井戸は「横根の感念井戸」といわれるようになったということです。

水と緑と歴史の散歩道

5.歌舞伎花十郎・横根稲荷コース
~広がる台地から富士を眺めて~

参考文献

  • ふるさと再発見「私たちの泉区」
  • 水と緑と歴史の散歩道

問合せ先

区政推進課広報相談係(1階101番
電話:045-800-2337
FAX:045-800-2506
※由来・歴史などの詳細については回答できかねますので、ご了承ください。

このページへのお問合せ

泉区総務部区政推進課

電話:045-800-2337

電話:045-800-2337

ファクス:045-800-2506

メールアドレス:iz-kusei@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:429-108-519

先頭に戻る