このページの先頭です

ゆとりある住まい

最終更新日 2019年3月11日

生命力のあふれる水と緑のなかで、のびのびとした暮らし

ウェブページロゴ

ウェブページロゴ


横浜駅まで18分
※所要時間は、いずみ野駅からの利用を想定した目安です。
1m2あたり19万3,500円
※H29 国土交通省公示地価(27万7,000円/m2~11万6,000円/m2)の平均価

武蔵小杉のある川崎市中原区(36万2,400円/m2)より約5割も安い
みなとみらい21のある横浜市西区(26万4,800円/m2)
横浜市青葉区(27万9,500円/m2)より約3割も安い

ショッピング

駅前イメージ画像

駅周辺や幹線道路沿いには商業施設があり、駐車場を完備した大型商業施設は週末のまとめ買いにも便利です。
都心方面、横浜駅、戸塚駅へのショッピングにも気軽にアクセスできます。


水とみどりが身近な生活

風景イメージ画像

四季を感じながら、大切な家族と健康的に過ごす暮らしがここにあります。
生命力あふれる樹林や湧水との触れあいは、豊かな五感を育んでいきます。
家庭菜園で野菜を育てたり、家族で一緒に体験する大切な時間をつくっていきませんか。

メニューアイコン 季節ごとの魅力的な風景をご紹介 夏-秋 (外部サイト)冬-春 (外部サイト)
(「泉区魅力発見フォトコンテスト」写真から)


レジャー

ジョギングイメージ画像

川沿いのジョギングやサイクリング、家庭菜園、スポーツなど、ここには充実した時間があります。
湘南台駅区内の水と緑は、こころの安らぎに最適です。


パートタイトルロゴ

ウェブページロゴ


境川と和泉川の水と緑に恵まれ、多世代で暮らせる歴史ある地域です。
農村の風景や伝統が残る地域、江戸時代以来の戸塚とともに発展した地域、高度成長期の区画整理で姿を変えた地域、これから生まれる泉ゆめが丘区画整理地区など、生活スタイルにあった様々なまちがあります。

多様な生活スタイル

エリアイメージ

泉区には、エリア毎に様々な姿があります。
区画整理で開発された閑静な住宅地の生活、農地と樹林地に囲まれた生活、街道沿いの利便性の良い生活、生活スタイルにあった多様な住まい方が探せます。

エリアの航空写真


市営地下鉄沿線(長後街道沿道)エリア

長後街道沿道エリアは、戸塚宿の発展とともに歴史を重ねてきた住宅地域です。
市営地下鉄線の駅周辺は、戸建て住宅やマンションが混在する街並みですが、周辺には畑が残り、住宅地と農地が混在する静かな住宅地となっています。

中田駅・踊場駅周辺

街道沿いには、商業店舗やクリニックが立地しています。住宅地の中に、大規模な樹林地や公園が点在するエリアです。

立場駅周辺

駅前イメージ画像

市営地下鉄立場駅周辺は、ショッピングセンター、バスターミナル等の様々な機能が集積するエリアです。
エリアの南にある旧深谷通信所跡地には、公園やスポーツ施設が整備されることとなっています。


新橋・岡津エリア

エリアイメージ画像

現在でも畑や樹林地が多く残り、マンションや戸建て住宅が混在する住宅地となっています。
のどかな風景が広がり、家庭菜園のできる特区農園や農園付き公園も点在しており、農に触れながらの暮らしがあります。


相鉄いずみ野線沿線エリア

エリアイメージ画像

相鉄いずみ野線各駅の沿線は、区画整理で整備された閑静な住宅地が広がります。
駅付近の住宅地を離れると、大きな農地も残されており、区画整理される前の自然が豊かな風景が残されています。
メニューアイコン 相鉄沿線のスポット紹介サイト 「そうてつスタイル」(外部サイト)


いずみ野駅周辺・いずみ中央駅周辺

駅周辺には、マンションや住宅が拡がります。
住宅地に近接する農地では様々な作物が栽培されており、農家による直売所も多くあります。

緑園都市

エリアイメージ画像

住民によるまちづくり活動により、緑豊かで洗練された街並みが続く住宅地です。

弥生台・西が岡・領家

区画整理により整備された閑静な戸建て住宅地です。
道路も広く、地区計画、建築協定により統一感のある街並みが保たれています。


泉ゆめが丘区画整理地区

区画整理イメージ画像

関東の駅100選に選ばれた近未来的な駅周辺には、田園風景が広がっていましたが、現在、総面積25haの区画整理事業が進められています。
公園や駅前広場の整備とともに、大型商業施設の誘致が計画されており、計画人口5,200人の新しいまちが生まれます。
メニューアイコン [泉ゆめが丘]の土地区画整理事業の詳細は土地区画整理組合サイトへ(外部サイト)外部サイトへのインク


環状4号線沿道エリア(上飯田、下飯田、富士見が丘、下和泉)

エリアイメージ画像

泉区の西側を縦断する環状4号線沿道エリアは、境川、和泉川に沿って古くから水田が作られた地域です。
今でも、農地や樹林地が多く残されており、住宅地の中に伝統的な姿も見ることができます。
環状4号線沿いには、大型の店舗やスポーツ施設、収穫体験ができる農園も並び、横浜市の郊外らしい生活環境があります。
晴れた日には富士山が眺望でき、親水公園等では様々な野鳥が見られる、泉区らしい伝統が残るエリアです。


定住転入サイトロゴ

横浜市泉区 区政推進課 定住転入促進担当 TEL:045-800-2331 FAX:045-800-2505 窓口:3階 307番

このページへのお問合せ

泉区総務部区政推進課

電話:045-800-2337

電話:045-800-2337

ファクス:045-800-2506

メールアドレス:iz-kusei@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:803-859-234

先頭に戻る