このページの先頭です

#住むなら泉区×タウンニュース「ホシノが行く」

最終更新日 2019年11月13日

タウンニュース泉区版の人気コラム「ホシノが行く」と
泉区役所の連携がスタート!

読者目線で泉区の魅力を体験&発信していきます。
次の取材先はどこになるのか。
どうぞお楽しみに。

タウンニュース泉区版ウェブ版にも掲載中です。
(←左記のバナーをクリックしてジャンプ)

記事一覧表
  【記事タイトルをクリックしてジャンプ】

Vol.1 大矢養鶏さん【2019年5月30日号】

大矢養鶏さん


かながわハーブナーセリーさん


泉伝統保存文化会さん


すきっぷさん

にこにこぱーく紙面画像

さんや農園紙面画像

天王森泉公園

ファールニエンテ写真1

【2019年11月掲載予定】

【2019年12月掲載予定】順次更新順次更新



Vol.1 大矢養鶏さん【2019年5月30日号】

大矢養鶏さん

#住むなら泉区①
泉区担当記者ホシノが行く

 今回は市内有数の養鶏場「大矢養鶏」さんにお邪魔しました。
養鶏業2代目の大矢忠良さんに加え、この5月から3代目の忠慶さんも加わり、さらにパワーアップ!作業場に入ると、まず大きな機械。なるほど、これで産みたての玉子をサイズ別に分けるんですね。奥の鶏舎には1万羽の元気な鶏が!1日に収穫される玉子は約500㎏で、直売がその内の約4割を占めるそうです。ここの玉子が愛されている証拠ですよね。

 こだわりは黄身の濃さで、餌に混ぜるパプリカの量がなんと通常の2倍。確かに割った時、とっても美味しそう!!そういえば私、玉子ってスーパーでしか買ったことがありません…。新鮮な玉子がその日に手に入るなんて消費者には最高ですよね。ちなみに私の好きな玉子料理はオムライス。リピ買い確定です!!

記事1画像②

記事1画像③


■大矢養鶏
TEL 045・802・3438

■直売所マップにてキーワード『大矢養鶏』で検索
http://archive.city.yokohama.lg.jp/izumi/55miryoku/izumikurashi/farmer/(外部サイト)


▲記事一覧へ戻る▲


かながわハーブナーセリー

#住むなら泉区②
泉区担当記者ホシノが行く


 小さな可愛い看板に引き寄せられて、今回お邪魔したのは「かながわハーブナーセリー」さん。摘み取り体験ができる県内でも珍しいハーブ専門の農園です!
プロの料理人も買いに来るという約一反の畑には、カモミールやラベンダー、アーティチョークなど沢山の種類が無農薬で育てられています!食材としてのハーブの魅力は味に深みをもたせてくれること。確かにハーブの効いた料理って特別な感じがしますよね。

かながわハーブナーセリーまとめ画像

 園内では販売のほか、摘み取りやブーケづくりのワークショップも開かれており、これまで馴染みがなかった人も気軽に生活に取り入れるヒントを学ぶことが出来ます。 代表の笛木英治さんは「飾ったり、食べたり、ハーブをもっと身近に感じてほしい。農園にも散歩がてら気軽に寄ってもらえたら嬉しいです」

■笛木代表 TEL 090・1206・8665
Website <https://blog.goo.ne.jp/atlasg(外部サイト)


▲記事一覧へ戻る▲


太鼓お囃子フェスティバル紙面掲載画像

#住むなら泉区③
泉区担当記者ホシノが行く


 先週末、盛況のうちに幕を閉じた「第17回太鼓・お囃子フェスティバル」。主催は区内の太鼓・お囃子の団体が所属する泉伝統文化保存会です。
 フェスが開かれるほど活動が盛んなのは「歌舞伎や相模凧など、伝統文化が深く根付く泉区だからこそだよなぁ」と伊藤好男会長。これはつまり地域の良さを伝え、継承する風潮があるってことですよね。最近では子どもから大人まで楽しめる習い事としての人気も高いとのこと。確かに体幹
も鍛えられそうだし、ストレス解消にも間違いないっ!!

太鼓お囃子フェスティバルまとめ画像

 実はこの日は本番を翌日に控えたリハーサル日。皆さん緊張感漂う顔つきです。ホシノは舞台の目の前で見学したのですが、一斉にバチを振り下ろす瞬間は迫力満点!叩きたいのは我慢して、力強い音色に沢山パワーをもらってきました!!

■保存会に関する問合せは区役所地域振興課へ
■保存会に関する情報掲載ウェブサイト
https://www.city.yokohama.lg.jp/izumi/shokai/dentoubunka/denbun.html


▲記事一覧へ戻る▲



20190711すきっぷ紙面画像


#住むなら泉区④
泉区担当記者ホシノが行く

 こんにちは!ホシノです。今回は「泉区地域子育て支援拠点すきっぷ」に初潜入!!こちらはマタニティさんや子育て中の人、地域で子育てを応援している人のための公共施設。いずみ中央駅直結でとっても便利な親子の居場所です。


  この日は大人気イベント「1歳児集まれ!」の日。ママさんたちも楽しく情報交換をしています。
私も飛び入り参加。「同じ年の子どもがいるという共通点のおかげでとっても話しやすいんです」と笑顔があふれます。

すきっぷまとめ画像


 自分たちの目に加えて、子どもたちを見守ってくれる職員さんがいるおかげで、ママさんたちがホッと一息できる空間でもあるようです。館内には子育てに関する情報も満載。足を運ぶことでお友だちづくりにもつながるかもしれませんね!

■すきっぷ TEL 045・805・6111
Website <http://skip-izumi.jp/(外部サイト)


▲記事一覧へ戻る▲



にこにこぱーく画像


#住むなら泉区⑤
泉区担当記者ホシノが行く

 先週に引き続き、子供たちの笑顔に癒されまくりの7月となっているホシノです。今回は「にこにこパーク」(中田東)にやってきました。3歳位までの子どもと保護者のためのつどいの広場で、白百合ベビーホーム(乳児院)が運営しています。
 木・日曜以外の午前10時〜午後4時半がオープン日。子育ての悩み相談や、お友だちとの交流もポイントですが、こちらでは離乳食の試食会、ベビーマッサージ、ヨガ教室などママ向けのプログラムが充実しているのが特長かもしれません。 

20190718にこにこパークまとめ画像

 子育て中は不安や心配もいっぱい。日中子どもと自分だけの時間になると、それらを抱え込んでしまいがち。こうした場所でのリフレッシュも大事ですよね!島田恭子理事長は「楽しい子育てライフが送れるよう、保護者の皆さんを支えていけたら」と話していました。
■にこにこパーク TEL 045・803・0398
Website <http://www.nikoniko-park.com/(外部サイト)


▲記事一覧へ戻る▲



さんや農園


#住むなら泉区⑥
泉区担当記者ホシノが行く
 
皆さん、泉区でブルーベリー狩りができるのはご存知ですか?ホシノが今回お邪魔したのは市内でも有数の規模を誇る「さんや農園」さん(和泉町7290)。こちらでは予約無しでブルーベリーの摘み取りが楽しめちゃうんです!
園内には約6千本の木があって、園主の荒木さんご夫妻によって大切に育てられています。毎年開園の時期になると、区内外から沢山のファンが訪れるそうです!
ご夫妻によると「実の先が黒いものが食べごろ」とのこと。ブルーベリー狩りは初めてのホシノ。

さんや農園まとめ画像

採れたての実は、みずみずしくて甘さがぎゅっと詰まっていて…感動!! 天候にもよりますが、長くて9月上旬くらいまで楽しめるそうです。「夏休み何する?」と悩んでいる方!泉区でこんなに楽しめちゃいますよ!駐車場もあります!


■さんや農園 TEL090・4673・1776
 Website <http://sanyanouen.web.fc2.com/(外部サイト)


▲記事一覧へ戻る▲




天王森泉公園紙面掲載画像

#住むなら泉区⑦
泉区担当記者ホシノが行く
 今回は製糸場時代に使われていた機械が展示されていると聞き「天王森泉公園」に行ってきました!先日の記事でもご紹介しましたよね。(展示は8月で終了)
 園内の「天王森泉館」は元々、明治時代の製糸場の姿を再現した建物で、その歴史を知ってもらおうと、ボランティアさん達が企画したそう。館内には繭から糸をとる「座繰り機」や大きな糸巻など、見たことないものがずらり!中には手作りの機械もあって、その精巧さにびっくりです…。

天王森泉公園まとめ画像


 展示を楽しんだ後は館裏の森をぶらり。ボランティアさん達が丁寧にお手入れしてくれているので、花や野草は元気に育ち、湧水もとってもきれい!居心地が良くって、ホシノもよく癒されに来るんです!天王森の自然と歴史はこうして地域の皆さんに大切に守られているんですね。

■天王森泉公園 045・804・5133
Website <https://www.tennoumori.net/(外部サイト)



▲記事一覧へ戻る▲



ファールニエンテ写真その1


#住むなら泉区⑧
泉区担当記者ホシノが行く

こんにちは!ホシノです。今回は和泉町にある大人気のベーカリーレストラン「ファール ニエンテ」にやってきました。 自家製小麦を使った大きなピザは香ばしくて、大満足のボリューム。限定カレーもおすすめです!
このほか、その日に採れた新鮮野菜を使った特別メニューもあって、私も行く度にどれにしようか迷っちゃうんです。
決まっているのは、帰りに入口のパン屋さんでミルクフランスを買うこと。これ鉄板です。

ファールニエンテ2


実はこちら、障害のある人たちが働く障害福祉サービス事業所。イキイキと働く皆さんの姿がとっても印象的です。 運営する社会福祉法人開く会の萩原達也さんは「店名には、誰もが互いに認め合い、ただそこにいることのできる空間を目指すという想いを込めました」とにこやか。そうなんです、この雰囲気も魅力なんです。

■ファール ニエンテ 045・392・3265
Website
 <http://www.hirakukaicp.or.jp/farniente/(外部サイト)


▲記事一覧へ戻る▲



このページへのお問合せ

泉区総務部区政推進課

電話:045-800-2337

電話:045-800-2337

ファクス:045-800-2506

メールアドレス:iz-kusei@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:585-161-688

先頭に戻る